2015年11月02日

2015.11.2 Eir Aoi Special Live 2015 WORLD OF BLUE at 日本武道館

 東京オリンピックの柔道競技会場として1964年に開館して以来、多くのスポーツ競技が開催されている日本武道館ですが、コンサート会場としても聖地であるのは広く知られている通り。初めてのコンサートはクラシックで1965年、ザ・ビートルズの来日公演が開催され大熱狂になったのは1966年。日本のアーティストでは1971年、ザ・タイガースの解散公演が最初で、ソロ歌手だと1975年の西城秀樹が初ワンマン。武道館公演がステータスになったのはいつ頃からなのかはっきりとはしませんが、1980年代の時点で既に一つの目標になっていたことは容易に推測されます。爆風スランプが「大きな玉ねぎの下で」を初めて武道館で歌ったのは1985年。2015年になった今では九段下の駅メロディーとして採用されています。歌手・ミュージシャンを志す者全員が武道館ワンマンを目標とするのは、今も昔も変わりありません。

 2015年11月2日に初の武道館ワンマン公演を実現させた藍井エイル。2011年デビューで今年5年目。アニメタイアップの楽曲を中心に少しずつ実績を積み上げてきました。エネルギッシュなステージとかなりの声量を誇る歌唱力は折り紙つきで、いずれはこの地に立つであろう歌手ではありましたが今回ついにそれが実現しました。『AUBE』ツアー以降なんばHatch、NHK大阪ホールで合計3度見ているだけあって、より大きなステージで見ることは私にとっても待望でした。その様子を早速レポしていきます。

D'AZUR(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 藍井エイル
D'AZUR(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 藍井エイル

続きを読む
posted by Kersee at 18:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする