2018年08月26日

2018.8.26 @ JAM EXPO 2018 in 横浜アリーナ 2日目(後編)

 大阪☆春夏秋冬のステージを見た後、1時間ほど色々回った後に見たステージは全て一番大きいストロベリーステージで、以下の顔ぶれです。いずれも過去複数回見たことのあるアイドルですが、これだけ同じタイミングで一気に見るのは初めてのような気がします。というわけで、どうぞ。

チームしゃちほこ(ストロベリーステージ)
9nine(ストロベリーステージ)
Negicco(ストロベリーステージ)
DEAR STAGE スペシャルショーケース w/でんでんバンド(ストロベリーステージ)
でんぱ組.inc(ストロベリーステージ)
PASSPO☆(ストロベリーステージ)
私立恵比寿中学(ストロベリーステージ)

続きを読む
posted by Kersee at 15:45| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.8.26 @ JAM EXPO 2018 in 横浜アリーナ 2日目(前編)

 夏の四大フェスと言えばロッキン・サマソニ・ライジング・フジロックですが、女性アイドルフェス界にも三大フェスが存在します。TOKYO IDOL FESTIVAL、アイドル横丁夏まつりと@ JAM EXPO。2014年初開催で今回が5回目、会場は横浜アリーナ(2016年のみ幕張メッセ)。毎年8月末の開催で、夏の終わりを感じさせるイベントにもなっています。TIFには2013年から4年連続で足を運びましたが、@ JAM EXPOに行くのは今回が初めて。特に今年は今まで見てきたアイドルの解散やメンバーの脱退が相次いでいるので、もしかするとアイドルフェスで遠征するのは今回が最後になるかもしれません。2記事に分けて書いていきます。前編は今まで見てきたアイドルもいますが、どちらかと言うと新顔中心の顔ぶれ。以下の方々について書いています。
 なおステージは、ストロベリーステージが所謂通常のライブでも使われるメインアリーナ、ブルーベリーステージが2Fにあるセンテニアルホール、今回ベボガ!の途中しか行けなかったですがキウイステージが4Fサブアリーナ、ピーチステージとオレンジステージは2Fロビー。トークステージも同様に2Fロビー、特典会が行われるふれあいエリアが3Fロビー、物販エリアは1F搬入口に用意されていました。

絶対直球女子!プレイボールズ(ブルーベリーステージ)
ミライスカート(ピーチステージ)
まねきケチャ(ストロベリーステージ)
amiinA(オレンジステージ)
なんきんペッパー(オレンジステージ)
Task have Fun(ストロベリーステージ)
あゆみくりかまき(ストロベリーステージ)
PASSPO☆トリビュートステージ(ストロベリーステージ)
大阪☆春夏秋冬(ストロベリーステージ)


続きを読む
posted by Kersee at 10:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

2018.8.12 YOKO OGINOME LIVE 2018 RETURN THE HERO!! in umeda TRAD

 昨年「ダンシング・ヒーロー」が思わぬ形で再び脚光を浴びた荻野目洋子。ただそれより前にもいつの間にか盆踊りの定番になっていたり、バブリーダンスで話題になる少し前にも平野ノラが出囃子で使ったりするなど流れは作られていたのかもしれません。「ダンシング・ヒーロー」以外にも1980年代後半〜1990年代まで多くのヒット曲が存在する荻野目ちゃん、個人的に言うと実は一連のヒットしていた曲は知っていて好きでもあったり。機会があれば一度見てみたい歌手の一人でしたが、今がまさに一番のチャンス。というわけで足を運んで来ました。どうぞ。

ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス - 荻野目洋子
ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス - 荻野目洋子

ゴールデン ベスト 荻野目洋子 - 荻野目洋子
ゴールデン ベスト 荻野目洋子 - 荻野目洋子


続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

2018.8.5 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 in ヤンマースタジアム長居

 TOKYO IDOL FESTIVALに4度足を運び、その間に様々なワンマンライブにも足を運んだことで2010年代に活躍する女性アイドルグループは大体見てきたつもりですが、これまで唯一見る機会なかったビッグネームが乃木坂46。2012年のCDデビューから既にそれ相応の地位を築いていますが、ここ数年で更に足固めを強化しています。公式ライバルと位置づけられたAKB48の人気は完全に追い越して、いまやその全盛期に迫る或いは同等のポジションつまりは国民的アイドルグループ。ようやく見る機会が出来たのでレビューします。ネタバレありということをご了承ください。

ジコチューで行こう! (TYPE-A)(DVD付) - 乃木坂46
ジコチューで行こう! (TYPE-A)(DVD付) - 乃木坂46

真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME(完全生産限定盤)(2BD) [Blu-ray]
真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME(完全生産限定盤)(2BD) [Blu-ray]

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする