2012年02月12日

2012.2.12 岩佐美咲「無人駅」発売記念インストアイベント in 西宮ガーデンズ

 演歌のイベントに行くのは2009年10月の香西かおり以来、かれこれもう2年ぶりくらいになるんですかねぇ。そして実はAKB48関連のイベントに行くのは今回が初めて。AKB48から演歌でソロデビューしたわさみんこと岩佐美咲のフリーライブに行ってまいりました。早速その様子をレポしていきます。

無人駅(初回限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] / 岩佐美咲 (CD - 2012)無人駅 [Single, Maxi] / 岩佐美咲 (CD - 2012)

 ここ最近、西宮ガーデンズのイベントに行くときは人でごった返していることが多いのですが今回は演歌ということもあるのか、あるいは個人としての知名度がファン以外に高くないこともあってか先日のきゃりーぱみゅぱみゅほどの多さではなく。それでもスタンドは埋まっているので400〜500人程度の入りではありました(ちなみにスタンドは400人収容らしいです)。客層は様々でしたがパッと見たところ30〜40代の男性が多かったような。一見さんから明らかに推しの方々まで色々いました。

 水色の着物姿で登場。早速「無人駅」を1コーラス半歌います。フレッシュさを強調した色彩に見えましたが生地がちょっと薄そうな印象で、「寒いですね」という言葉を連発しておりました。実際今日の天気は太陽が見え隠れしたりする程度に雲があり、じっとしているとかなり寒くて、時折チラ雪のような物まで見えていました。

 小柳ルミ子がちょうど40年前に歌った「瀬戸の花嫁」。案外歌唱力はオリジナルよりもカバー曲の方がより顕著に表れると思います。もちろんAKB48単位で見たら屈指のうまさですがやはりソロデビュー直後ということで、個人的にはまだまだこれからという印象の方が強かったです。しっかり腹筋を使った発声をしていて、演歌歌手にはある意味不可欠とも言える声のゆらぎも出ていましたが油断するとまだ喋り声に近い声が出てしまっているような。もちろん聴かせどころでそういった物はなかったですが、中音域での入る部分などの声に課題が残る感じ。

 「ヘビーローテーション」の演歌バージョンは良かったですね。曲について詳しくは別ブログで書きますが、音源で聴くよりも生で聴く方がより魅力的に感じました。ステージの後ろでヲタ芸を打っている人が2人いたのには笑ってしまいましたが。

 ラストは再び「無人駅」をフルコーラス歌って締めました。その前のMCも面白かったです。私がAKB48の代表だと思わないでくださいとまさかの自虐的内容。いやいやそれだけ謙虚ということで。

 握手会は普段AKB48でやっている内容に準拠する形でしょうか、一人あたり10〜15秒くらいという、ここで行われるイベントにおいては異例の長さ。握手の他に直筆サイン色紙かステッカーを貰える、一言ではなく二言・三言くらい話をしたり声をかけたり出来るということを考えるとかなりお得な部類に入る内容でした。まあいつものAKB48握手会はもう少し持ち時間長いのではと思いますが…。

 ソロデビューに際して発売前日から関東近郊のCD店で連日インストアライブをしている彼女ですが、発売から1週間経った今週末は名古屋、大阪を回るルート。今日も12時から西宮ガーデンズで歌った後16時からイオンモール大日に移動してまた歌いました。今回のオーディエンスは兵庫・大阪はもちろん東京からはるばる来た人、本人も顔を憶えてるっぽい常連さんもいたりして、演歌とアイドルを融合したある種独特の雰囲気でした。彼女はおそらく10年後、20年後もソロで演歌を歌ってると思いますが、その時には紅白歌合戦の常連に顔を連ねているのでしょうか。MCに代表されるサービス旺盛な性格にはかなり期待できそうですし、歌唱力もこれからまだまだ伸びそうな予感がします。気がつけば若手女性演歌歌手はかなり伸び悩んでいる人が続出している印象もあるので、彼女にはAKB48のメンバーとして以上に、むしろソロ歌手として今後もおおいに期待したいところ。

posted by Kersee at 12:00| Comment(0) | フリーライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: