2012年07月29日

2012.7.29 HIGHER GROUND 2012〜FINAL〜 2日目 in 海の中道海浜公園野外劇場

 今年でファイナルを迎えることになった九州最大のロックフェスHIGHER GROUND、ここでは2日目のステージのレビューを書いていきます。以下のアーティストについて書いていきます。

・トータス松本
・A.F.R.O.
・アンジェラ・アキ
・FLiP
・ナオト・インティライミ
・スキマスイッチ
・小田和正
・ケツメイシ
・KREVA


・トータス松本
 開始と同時にバンド演奏されるのはウルフルズ時代の名曲「ガッツたぜ!!」。さすがに間奏におけるバンド当時のパフォーマンスはやらなかったものの定番中の定番とあって、オーディエンスのテンションはいきなり最高潮。「明星」などソロになってからの曲が3曲、「借金大王」「サムライソウル」「バンザイ〜好きでよかった〜」といったウルフルズ時代の曲が4曲でソロよりそれ以前の楽曲の方が多いセットリスト。ファン以外の人、とりわけ初めて見る人が多くいるフェスだからこその選曲なので別にいいのですがそこの所ちょっと複雑な部分はあるかもしれません。ラストの「バンザイ〜好きでよかった〜」を筆頭にオーディエンスのウケが良かったのはやはりウルフルズ時代の曲だった模様で…。
 とは言え長くキャリアを重ねていることもあってパフォーマンスはさすがの内容。「借金大王」での往年のパフォーマンスを含め多くの人が満足していたものと思われます。あと普段呼ばれたことがない”まっちゃん”というコールをえらく気に入っていたのが印象に残りました。
NEW FACE(初回限定盤) [CD+DVD, Limited Edition] / トータス松本 (CD - 2012)ブランコ(初回限定盤) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] / トータス松本 (CD - 2012)

・A.F.R.O.
 名前さえも存じあげないバンドでしたが抜ける時間もあまりないので、座りつつ拝見。札幌出身の7人組バンドでフロントボーカルが3人。奏でられる音楽を含めて完全にORANGE RANGEの影響を受けたバンドです。北海道出身でここまで南国っぽさを感じたのは初めてです。パフォーマンスはタオル回しを促すなど観客をあの手この手で動かす感じで、初見の人に印象を与えるには十二分の内容。あとダミ声の人が1人いるのが印象に残りました。MCは全体的にマジメな内容。なにげにメジャーデビューまで8年かかったそうで苦労人らしいです。
アフロ11号 [CD+DVD] / A.F.R.O (CD - 2012)

・アンジェラ・アキ
 2月に出産して先月復帰シングル&アルバムを出したばかりの彼女。あまりこういうイベントに出てくるタイプのアーティストではないので、今回この夏フェスに行くことになった理由としては彼女のステージが見られるというのも一つとして挙げられます。
 挨拶代わりに「サクラ色」を一節披露した後まずは「始まりのバラード」。そして彼女にとって憧れの存在であるBen Foldsとのコラボ作品である「Black Glasses」。ちなみにタイトルは両方とも黒メガネがトレードマークになっているからだそう。
 次に先日リリースされたアルバム『BLUE』からの新曲「You and I」ですがこれが素晴らしい楽曲でした。ウクレレの演奏もそうなんですが、歌詞が従来の彼女の作品とは違う、それでいて彼女の素がよく表れていて大変好感の持てる内容。そして同じく新曲でこちらはシングルとなった「告白」。こちらもグランドピアノではなく電子ピアノでの演奏。
 さらに今度はRed Hot Chili Peppersのカバー「Give it Away」を踊りながら。こちらもシングル曲ではまず見られないパフォーマンス。そしてライブでの定番曲らしい「たしかに」。”ラララララ〜”の部分で缶ビール云々の漫談、もといMCは某フジテレビの細かすぎて伝わらないアレで確実に見覚えがある風景。わざわざ所定の部分で演奏を止める辺りいつも通りのパフォーマンスであることは間違いない模様。というか検証動画(ニコ動)もありますし。ラストは懐かしい「This Love」をガンガンに歌いあげて締め。熱唱というのはまさにこういうのを指すのだと言わんばかり。
 MCは一部で”女さだまさし”と言われるほどの内容でまさに超一流。時間の制約がなければ本当にいつまでも喋ってそうな勢いでした。パフォーマンスそのものも非常にバリエーション豊富で、短い時間でもすごく内容が濃かったです。それにしても立ちながらピアノを弾く彼女は本当に格好良いですね。個人的には左脚を後ろにしているのがポイント。MC中でも”ピアノは打楽器”という言葉がありましたが、これを見るとまさにその通りのパフォーマンスだなぁと思ったり。
BLUE(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / アンジェラ・アキ (CD - 2012)告白 [Single, Maxi] / アンジェラ・アキ (CD - 2012)

・FLiP
 3ヶ月ほど前に神戸で一度目にしているので、そういう意味ではここでまた見ることが出来たのも縁なのかなと。おまけにオフィシャルのタオルが軒並み売り切れで結局個人的にはこの人たちのタオルを買うことになったのも、これまた縁なのかなと勝手に思ったりしまして。
 そんなことは置いといてステージですが、まあその時と大きく印象は変わりないです。楽曲は「カートニアゴ」みたいに可愛い歌詞もありますが大方直球・職人的な印象で、相変わらず他のガールズバンドにはない雰囲気。基本的には相当マジメなバンドで、そのせいかボーカルのサチコ以外あんまり喋ってなかったりキャラクターとして印象に残らない部分が多かったせいか若干華に欠けるような印象もあったり。とは言え演奏などバンドとしてのライブパフォーマンスは前日と比較した場合、さすがにプリプリには及ばないものの個人的にはSCANDALよりも上だと感じたので、引き続き彼女たちには期待したいです。そうでないとわざわざタオルを買った理由がないので。あと登場時の出囃子がThe Royal Teensの「Short Shorts」、イコールタモリ倶楽部のOPテーマでした。理由が非常に気になります。
未知 evolution(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / FLiP (CD - 2011)

・ナオト・インティライミ
 ここ最近名前を聞く機会が非常に多くなっているアーティストですが自分としては案外あまり彼の作品を聴いていなかったので、どんなものなのかと思いつつ見ましたがいやはや。今回福岡のこのイベントに行って得たことは本当に多かったですが、個人的に一番の収穫だったのがこの人のパフォーマンスだったかもしれません。
 某ネズミ王国のエレクトリカルパレードのテーマソングに合わせて勢い良く登場するわけですがなぜかマイク無音でパントマイム状態。それどころかオーバーアクションで随分と不満げな表情。そのまま退場してしまいます。そして再び某ネズミ王国(以下略)に乗せて登場。今度はノリノリ。というわけでまずは非常にハイテンションなナンバー「おまかせピーターパン」。オーディエンスほぼ総立ちでノリノリです。続く「HOT! HOT!」も大変印象に残りやすいノリノリの楽曲。見る前は正直そんなに好きなタイプのアーティストではなかったのですがパフォーマンスとこの2つの楽曲を聴いた時点で完全に良い方向に印象が変わりましたね。
 そして彼の代表曲であるラブソング「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」「今のキミを忘れない」。一般的に彼の曲でまずイメージされる楽曲はこの辺りでしょうか。特に後者は携帯電話のCMで非常によく流れていたので大して彼に関心がなくてもおそらく知ってるでしょう。事実自分がそうでしたし。
 新曲「ナイテタッテ」ではただのジャンプだけでなく右90度回転ジャンプというフリをオーディエンスにさせたり、「マワセマワセ」という曲ではやっぱりタオル回しがあったりして全く退屈させないステージ。ラストの「カーニバる?」では地元福岡のキッズダンサーまで出て来てもう凄いことになってました。
 麦わら帽子に半ズボンがトレードマーク、これまで色々なアーティストを見てきましたがステージでここまで跳び回るのは彼くらいかもしれません。ライブ中にあんなに高くジャンプする人は初めて見ました。明るさはもはや天性の物という印象で、過去に世界一周の旅をする辺り行動力・積極性は本当に抜群の持ち主。とにかく見ていて参加して本当に楽しい気持ちになるアーティストで個人的には一気に好きなアーティストのひとりになりました。ヒットの割に一部で若干過小評価されてるきらいもあって、自分もその傾向がありましたがこの認識は改められるべきです。この人はまだまだ大きな仕事をやってくれるんじゃないでしょうか。そんな気がします。
 なおHIGHER GROUNDでは昨年トリを務めたそうですがその時は一週間前に大阪でステージから落ちて腰を痛めて出場辞退寸前のいっぱいいっぱいの状況で、何とか痛み止めを打って出場しましたが本来のパフォーマンスではなくちょっとおとなしい内容になってしまったと。今回はその分更にはっちゃけた部分もあったのかもしれません。
風歌キャラバン(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / ナオト・インティライミ (CD - 2012)ADVENTURE(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / ナオト・インティライミ (CD - 2011)

・スキマスイッチ
 今回のスキマスイッチはかなりライブアレンジを施した演奏という印象でした。定番曲だと「奏(かなで)」「ガラナ」「ボクノート」「全力少年」が演奏されましたがいずれも発売当時とはかなり違うアレンジで、ライブらしくアウトロが長かったり歌い出しの雰囲気を変えていたり。まさにライブの醍醐味を感じさせる内容だったと思います。
 今回のイベントに合わせて3曲目ではStevie Wonderの「Higher Ground」を披露、ナオト・インティライミを加えたツインボーカルはまさにここだけでしか見ることが出来ないスペシャルステージで見事でした。大橋とナオトのボーカルのかけ合いは今イベントのハイライトと言えるでしょう。それ以外は新曲の「ユリイカ」も披露。全体的には安定感のあるステージでしたがやはりこういうフェスになると代表曲が優先されるのでどうしてもセットリストが古い曲に固まってしまいます。個人的には「ゴールデンタイムラバー」辺りも聴きたかった所ですが、致し方ない所でしょうか。
グレイテスト・ヒッツ / スキマスイッチ (CD - 2007)ユリーカ(初回生産限定盤)(DVD付) [Blu-spec CD + DVD, Single, CD+DVD, Limited Edition] / スキマスイッチ (演奏) (CD - 2012)

・小田和正
 ワンマンでは二度見てるのですがこういうイベントでこの人のステージを見るのは初めて。豪華なバックバンドではなく、ギターとキーボード2人のみ、いわゆる最少人数を引き連れての登場。
 まずはギターを弾きながら「グッバイ」。そして超定番曲の「ラブ・ストーリーは突然に」「Yes・No」。ギター演奏しながらですが「Yes・No」後半では立ち上がって走り回りつつ歌います。ですが非常にキーが高い&有り得ないほどの炎天下&御年64になるという年齢。結局ラストの一番高い音が出せないというオチがついてしまいました。
 海の中道でのステージは14年前、STARDUST REVUEとのジョイントコンサート以来だそうで、その時は直前に事故を起こして中止も考えたものの何とか無事開催にこぎつけたという思い出を語っていました。当時のステージを見ていた人も観客の中にはいましたがやはりと言うべきでしょうか、本人が思っていたよりも少なかった模様。自分の周りを見渡す限りでも初めて彼のステージを見るであろう方々が大多数で、世代的な違いもあるでしょうか次のステージのために座って休憩している人も結構いました。その一方で明らかにこの人のステージ目当てに来ているご年輩の方も結構いらっしゃって、そのせいか前日よりも動員数は明らかに多かったです。
 ギター演奏からピアノ演奏に変わって「ダイジョウブ」「言葉にできない」、そして新曲「その日が来るまで」。計6曲の披露でした。おそらく初めて見た人はその歌唱力に驚愕したと思いますが、ワンマンに行ったことある身としてはやはり曲に合わせての手拍子のつけ方あたりで温度差を感じたりもして。本人もステージでおっしゃってた通り、なかなかのアウェー感を感じさせる雰囲気でした。まあこの人も普段そんなにこういうフェスには出ないので、そういう意味では貴重なステージだったのではないでしょうか。
自己ベスト / 小田和正 (CD - 2002)自己ベスト-2 / 小田和正 (CD - 2007)

・ケツメイシ
 今回このフェスに対するケツメイシ陣営の意気込みはなかなか凄いものがありました。まず今回のイベントはキリンの協力を得ているそうで、合間合間に彼らが出演する麒麟淡麗〈生〉のCMがビジョンに流れます。さらに出店でのビール売り場では前日から購入者に彼らの写真があるうちわがプレゼントされていましたがこの日のお昼くらいになるともう普通に配っていました。更に彼らのオフィシャルグッズ売り場は朝から長蛇の列。すぐ売り切れるんだろうなぁと思ったら昼になっても長蛇の列。このフェスのためにどれだけグッズ用意して来てるんだと思わずツッコミを入れたくなるほどでした。おかげでタオルやTシャツなどのグッズを身に着けている人の多いこと多いこと。
 さてステージですが終始ノリノリで常にタオル回し。多分終わった後右腕が痛くなった人続出なんだろうと思いますが。冒頭から「闘え!サラリーマン」で早々に飛ばしまくり。そしてもうこの季節定番の名曲「夏の思い出」。ところがなぜか曲途中で”演奏止めて”の指示。大蔵がメンバーにツッコミを入れますがRyoji曰く”あまりに調子が良い”という理由だからとのこと。Ryoは勝手に自称占い師と携帯電話で話し出したりと完全にコントです。その占い師からの指示という形で「また君に会える」に入りますがまた途中で勝手に演奏を止めます。コントです。そしてこれまた絶妙な形で「お二人Summer」に入りました。見事としか言いようのない流れ。
 RyoのMC。つい先日ロンドン五輪に出場する某陸上選手と居酒屋(定食屋?)で会ってこんな所にいていいのか?という疑問から多分我々が見えない所で努力しているんだろうというくだり、そこでこんな発言。”努力することとウンコすることは同じ”ということ。理由としては毎日する、人に見えない所でやるなど複数あるそう。これはなかなかの名言で、最初は失笑していたオーディエンスも理由を聞いて見事に感心していました。
 新曲「LOVE LOVE Summer」、ライブでの定番「カーニバル」、そしてラストはCMでもお馴染みのカバー「ボラーレ〜Nel Blu, Dipinto Di Blu」。やはり超一流のパフォーマンスで、一度は見ることが出来て本当に良かったと思える内容でした。
ケツの嵐~夏BEST~【応募券付】(初回プレス盤) [Best of] / ケツメイシ (CD - 2011)LOVE LOVE Summer(CD+DVD) [Single, CD+DVD] / ケツメイシ (CD - 2012)

・KREVA
 HIGHER GROUND全体のトリを飾るのはKREVA。このイベントには本人も思い入れが強いそうで、大きなフェスで初めてトリを務めたのもこのHIGHER GROUNDだったということ。KICK THE CAN CREW時代にも大変お世話になったフェスだったのだとか。
 「基準」から始まり「ストロングスタイル」「成功」と続きます。登場時から歌い始めるまでずっと同じポーズで、眼鏡をかけたまま歌い終わってからもポーズを崩さないKREVAは雰囲気抜群。むろんスクリーンに映った後おどけた顔をしてその雰囲気を壊したのも自分でしたが。
 ゲストということでもうお馴染み過ぎる存在のSONOMIが登場。「ひとりじゃないのよ」「NO NO NO」の2曲を披露。そして新曲「OH YEAH!」。ライブは自分だけでなく皆さんで作り上げるモノということで、かなり懇切丁寧にこの曲のコール&レスポンスを練習。そして見事に形として練り上げられた「OH YEAH!」が作り上げられました。
 そしてなんとスペシャルゲスト、LITTLEとMCUが登場して一曲限りのKICK THE CAN CREW、「イツナロウバ」を披露。ROCK IN JAPAN辺りだともはや毎年恒例の光景なんですがさすがにこのイベントではサプライズもサプライズで、オーディエンスの歓声は物凄いものがありました。ファイナルだからこそ実現した内容と言えるでしょう。
 あとはソロ曲を数曲披露した後「Have a nice day!」、そしてアンコールは「イッサイガッサイ」。個人的には3年ぶりに見ましたが、その時と同様にライブとは何たるかを示しているような貫禄の内容でした。ただSONOMIはともかくKICK THE CAN CREWまで出てくるのが共通しているとは思いませんでしたが。
GO 初回限定盤(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / KREVA (CD - 2011)OH YEAH (初回盤) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] / KREVA (CD - 2012)

 というわけで大変な盛況で終わった2日間でした。各出演アーティストがMCで口を揃えて言っていましたが、来年もやればいいのにと思います。というのも九州でこれだけ大きなフェスは他になく、このイベントがなくなるとそれこそ東京や大阪まで行かないとこの規模のフェスを九州の人は楽しめないことになります。はっきり言ってそれは如何なものかと思います。夏の暑い気候も関係している面もあるかと思いますが、全体的に夏フェスは西低東高の傾向が強すぎるように思います。いわゆる四大フェスと言われるものは茨城、千葉&大阪、北海道、新潟でほぼ東に固まっていますし、中国以西でこれと同規模のフェスとなると広島のSETSTOCK、高松のMONSTER baSHくらいしかないように思います。確かにここ数年ロックフェスが乱立している傾向もなくはないですが地域性を考えると…。
 と言いつつもこのイベントに唯一10年連続で出演しているTHEイナズマ戦隊(申し訳ないですが今回あまりステージをじっくり見れてないのでレビュー対象からは外しました)は来年もこのイベントを主催しているキョードー西日本からスケジュールを空けておくようにと言われているそうですし、また今年は明らかに9月開催だった昨年よりも人が多かったそうなのでおそらくはこのイベントに代わる企画が来年九州で開催されるのではないでしょうか。もしかすると海の中道ではなく長崎の稲佐山か宮崎のシーガイアあたりになるのかもしれませんが、九州のどこかではやるはずです。というよりやらないと九州の音楽ファンが納得しません。さすがに毎年九州のイベントに参加する、というのは関西在住の自分にとっては難しい話ですが(他の地方フェスにも行きたいので…)九州在住の数多くいる音楽好きのためにもこの規模の音楽フェスが来年も行われることを切実に願いたいと思います。そしてHIGHER GROUNDに関わった全ての出演者やスタッフの皆様、非常に暑い中本当にお疲れさまでした。大変有意義でおおいに楽しむことが出来た2日間を送ることが出来て、大満足です。ありがとうございました。

posted by Kersee at 12:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: