2012年12月29日

2012.12.29 RADIO CRAZY 1日目 in インテックス大阪

 年末の関西では恒例となった、通算4回目となるFM802主催のRADIO CRAZYに参戦しました。今年は2日間参加となります。まずこの記事では1日目に見たアーティストを書いていきます。

 今回見たアーティストは以下の顔ぶれとなっています。気がつけばベテランだらけになってしまいました。
・阿部真央
・POLYSICS
・MONGOL800
・地球三兄弟
・ザ・クロマニヨンズ
・The Birthday
・くるり


・阿部真央
 RADIO CRAZYでは2年連続、個人的にフェスで見るのは3度目になるんですが見るごとにパフォーマンスが進化してますね。まずは眼鏡をかけた姿でキュートなナンバー「モンロー」からスタート。体型といい歌声といいロングヘアーといい、まるで川瀬智子かと思ったんですが眼鏡を外したのはその曲のシーンだけ。次はギターを弾きながら定番のカッコいい曲「ふりぃ」、そして今年の楽曲「世界はまだ君を知らない」「戦いは終わらない」「春」と立て続けに。オーディエンスを乗せるシーンもあり熱唱のシーンもあり、そしてバックバンドの演奏ソロもギター中心に目立っていたり。ちょっとした挨拶の後マイナーな曲ですけどという触れ込みで「loving DARLING」(2ndアルバム『ポっぷ』収録曲)。そこでメンバー紹介もしていました。ラストは超定番の「モットー。」「ロンリー」で締め。非常に安定感があるとともにその顔からは彼女のステージに対する力の具合がヒシヒシと伝わって来ました。素晴らしい内容でした。来年も期待してます。
戦いは終わらない [ 阿部真央 ]阿部真央らいぶNo.4@渋谷公会堂(Blu−ray Disc)/阿部真央【RCP】

・POLYSICS
 個人的に見るチャンスは何度かあったのですがフェスで最初から最後まで彼らのステージは初めて(一部分だけ後ろから、というのはあり)。「Young OH! OH!」などの定番曲は勿論ありますが基本的にはやはりどの曲でも踊ったもの勝ちというわけでして。というわけでじっとしていると曲が進むたびに自分の移動できる範囲が狭くなっていった、という状況になります。アゲアゲのハヤシのテンションに時折ツッコミを入れるベースのフミさん、そして非常に高い演奏クオリティ。仮に体力がなくて踊るにはちょっと…という人でも後ろからならば十分見る価値の高いアーティストだなぁ、とあらためて思いました。
BESTOISU!!!|POLYSICS|(株)KRE|送料無料BUDOKAN OR DIE!!!! 2010.3.14|POLYSICS|(株)KRE|送料無料

・MONGOL800
 来年でデビュー15周年。アルバム『MESSAGE』の大ヒットはもはや10年前。気がつけばすっかりおっさんバンドになっていると自虐を飛ばしていましたが、確かに貫禄のステージという言葉が実にしっくりくる内容でした。よくよく考えると今日やってた演奏曲で知ってたのは「あなたに」「小さな恋のうた」くらいしか個人的に知らないのでまたあらためて聴き直したいです。その2曲がオーディエンス含めた大合唱になるのはもはや必然。それ以外だと「神様」が印象に残りました。
800BEST - simple is the BEST!! [CD+DVD, Limited Edition] / MONGOL800 (CD - 2013)Message / Kiyosaku Uezu (その他) (CD - 2001)

・地球三兄弟
 スパ de SKYTHE EARTHOしゃんの3人で結成された新人バンド。まあざっくり言うと奥田民生と真心ブラザーズの新バンドなんですが。新年の元旦に1stアルバムリリースということでそれに向けての宣伝活動を兼ねたライブ…ということになるんでしょうか。シングルにもなった「呼びにきたよ」でスタート。「たかまり」で一旦テンションは高まりますが直後のMCはこれ以上盛り上がる曲はないですよ、というらしい内容。服装はカントリーを思わせる衣装で全体的な楽曲の印象も概ねそんな印象。THE EARTHこと桜井秀俊がリーダーのようで彼がMCのメインでしたが横でOしゃんがツッコミを入れたり。軸になる曲がないから「イージュー★ライダー」を歌えというムチャぶりも。それはそれで凄く聴きたかったですがさすがにそうもいかず、アルバム曲に昨年の「My Back Pages」、c/wの「ナイスショット」(桜井秀俊の私生活をそのまま歌にしたのだとか)を含めたセットリスト。終始やはり予想通り、ほのぼのとした良い雰囲気でした。
 なおOしゃんはベースを中心にある時はギター、曲によってボーカル、鈴を鳴らす場面もあったりでしまいにはドラムまで叩くというマルチプレーヤーっぷり。それだけでもこのステージを見た甲斐があったというものです。
バーベアマン(初回生産限定盤) [Blu-spec CD + DVD, Limited Edition] / 地球三兄弟 (CD - 2013)

・ザ・クロマニヨンズ
 デビューシングルの「タリホー」以降実はあんまり聴いてなかったりするのですがそんなことは全く関係ありませんでした。甲本ヒロトのあの独特の動きと真島昌利のギタープレイを見られただけでもこのステージを選んで良かったと思いました。やっぱりTHE BLUE HEARTSやザ・ハイロウズとは、楽曲面で当然多少違いはありますけど基本的な部分は踏襲されているのだなぁとあらためて感じました。大体の曲が分かりやすくてノリやすいんですね。おかげで凄く楽しかったです。MCもヒロト節全開。「人類史上最高の2012年はもうすぐ終わります。あと数日でチャンピオンベルトは2013年に引き継ぎます。人類史上最高の2013年もよろしく」というフレーズは今フェスの1日目最高の名言でしょう。
 パフォーマンスで特に印象に残ったのはまず6曲目の「草原の輝き」。1stアルバム収録曲で、”水やろう”という歌詞が印象的な曲ですが間奏の長い演奏がとにかく圧巻でした。そしてやっぱりラストの「ナンバーワン野郎!」Tシャツを脱ぐわけですが脂肪など全くない凄い体してました。どう考えても来年50歳になる肉体ではありません。そして勢い余って下のスパッツまで脱いでしまいました。どう考えても来年50歳になる人間がやっていい行為ではありません(爆)おかげでステージ担当のカメラマンがてんやわんや。というわけで本当に色々な意味で、大変良いものが見られたステージでした。そりゃ25年経ってもTHE BLUE HEARTSが出て来た時の衝撃が語られるのも当然の流れになりますよね。

・The Birthday
 これもまた凄まじかったですね。まず観客への煽りやMCが全くありませんでした。僅かに退場する時に「サンキュー、ありがとう、また来年!」という程度。そして個人的に知ってた曲も一つとしてありません。それでそういう感想を抱くとしたら余程うまい演奏しか有り得ないのですが今回はまさにその典型。とにかくこのバンド、ステージから漂うオーラもそうなんですが演奏がものすごかったです。特にドラムのクハラカズユキは凄まじかったですね。一つ一つ叩かれる音に力強さをこれだけ感じた演奏は自分が見たライブの中では初めてかもしれません。ギターのフジイケンジ、ベースのヒライハルキも名演奏でした。勿論ボーカルのチバユウスケも素晴らしかったです。あらためて作品を聴き直したいと強く思いました。
VISION(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / The Birthday (その他); The Birthday (演奏); Yusuke Chiba (その他) (CD - 2012)Live at 磔磔 [Blu-ray] / The Birthday (出演)

・くるり
 このステージだけL-StageではなくR-Stageでのステージだったのですが、相変わらずインテックス大阪のこの建物の柱は邪魔です。おかげで音響の悪さはかなりのものでしたがステージはくるりにしては珍しく?ヒットシングル中心という豪華な内容。今年の「everybody feels the same」に始まって「ロックンロール」「ばらの花」「街」「ワールズエンド・スーパーノヴァ」「ワンダーフォーゲル」と怒涛の顔ぶれ。メンバーが変わってファンファンのキーボードやトランペットが加えられていますのでリリース当時よりも音の広がりが確実に増幅されています。オリジナルとは一味違うアレンジを堪能出来たという点では凄く良かったですね。今年のアルバム『坩堝の電圧』からは「chili pepper japonês」「glory days」。アンコールは「宿はなし」。名演でした。一休さんから始まった岸田繁のMCはなんだかよく分からない話になっちゃいましたが、まとめると好きなものでもうっかり忘れてしまうことがある、ということみたいです。MCの雰囲気はやはりいつも通りの感じでしたが、最初の第1声がベースの佐藤征史からだったのだけは少し意外でした。
坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)(初回限定盤B:DVD付き) [CD+DVD, Limited Edition] / くるり (CD - 2012)武道館ライブ [DVD] / くるり (出演)
posted by Kersee at 12:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: