2013年08月11日

2013.8.11 SUMMER SONIC 2013 2日目 in 舞洲サマーソニック大阪特設会場

 21世紀以降最も暑い日に開催されることになったサマソニ大阪、2日目のレビューを書いていきます。この日は何と言いますか、カルチャーショックを憶えるような特濃のステージ連発でした。

・BiS(FLOWER STAGE)
・VOLBEAT(OCEAN STAGE)
・Perfume(OCEAN STAGE)
・マキシマム ザ ホルモン(OCEAN STAGE)
・FUZZY CONTROL(FLOWER STAGE)
・BABYMETAL(FLOWER STAGE)
・the GazettE(FLOWER STAGE)
・M.I.A.(MOUNTAIN STAGE)
・METALLICA(OCEAN STAGE)


・BiS(FLOWER STAGE)
 2週間前にTOKYO IDOL FESTIVALで見たばかりなんですがZepp Tokyoの二階席から眠気と闘いながらの観戦だったためイマイチピンと来なかったので今回あらためて比較的前の方からスタンディングで見ることにしました。Opening Actということで音合わせから本人が出て来て1曲踊っていました。黒を基調とした衣装。
 ステージは今回MCなしで5曲ぶっ通し。1曲目がtrfの「survival dAnce〜no no cry more〜」のカバーでした。「IDOL」「nerve」辺りではやはり盛り上がってましたね。「nerve」の海老反りのノリはやはり鉄板のようです。楽曲もパフォーマンスも激しい内容でしたがまだ始まったばかりということもあってか、あるいは客層が2週間前と全く違うのもあるのかオーディエンスのノリはそこまで激しいものでもなかったような印象がありました。異端児と言われるほど異端な印象はそこまでなく、むしろBiSの持ち味を普通に出したライブだったのかなという感想を持ちました。歌唱はリボンをつけていた子がうまかった印象です。あと去り際でそれぞれメンバーが挨拶している中「セックス!」と叫んだのは誰なんでしょうか。ある意味そこが一番印象に残りました。
DiE (SG+DVD)(LIVE盤) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] / BiS (CD - 2013)IDOL is DEAD  (ALBUM+DVD) (Music Video盤) [CD+DVD] / BiS (CD - 2012)

・VOLBEAT(OCEAN STAGE)
 デンマーク出身のロックバンド。このサマソニが初の来日だそうです。ボーカルの出で立ちは上半身裸にタトゥー入れまくりで、日本のバンドではまずあり得ない光景です。勿論筋肉隆々。
 名前さえも個人的には存じ上げない形でステージを見ましたが、良かったです。何と言いますか、こういう音圧の演奏を一番大きいステージで聴くとあらためてサマソニに来たなぁ、という感じがします。一つ一つの音がとにかく重く会場中に響き渡っていましたね。素晴らしい演奏でした。
 パフォーマンスの方はいかつい容貌の割にはサービス精神旺盛な印象でした。オーディエンスはどちらかと言うと次あるいは次の次ステージ待機の人が多かったはずですが"good audience."という言葉を引き出すあたりノリは上々といったところ。あらためてこれまでの作品をチェックするのも良いのではないかと思いました。
Outlaw Gentlemen & Shady Ladies [Import] / Volbeat (CD - 2013)Guitar Gangsters & Cadillac Blood [Import] / Volbeat (CD - 2009)Beyond Hell/Above Heaven [Import] / Volbeat (CD - 2012)

・Perfume(OCEAN STAGE)
 前回のサマソニ大阪ではPTAの最中に雷まで呼んでしまってライブが中断になってしまったPerfume。今回ソニックマニアには出演しているもののサマソニ本体の出演は大阪のみ、リベンジという位置づけです。集まった人数は実は前日のMr.Childrenの時より多かったという話もあるとか。テント横の、ステージ全体が見える比較的前方で見ることができたのでちょっと大まかには把握できませんが。
 「Spending all my time」「Magic of Love」と比較的新しいナンバーから入ります。白とピンクを基調にした衣装で華麗かつクールに踊ります。その後いつも通りにMC、やはり今回は去年の思い出を語る場面が中心になりました。涼しげな曲ということで、フェスでは結構久々のような気がする「VOICE」、そして「Spring of Life」を経てPTAのコーナー。今回はお馴染みのはみがきできるかなの展開からサバイバルダンス〜ウルトラソウルの流れで比較的あっさり。でも初見の人にとってはまだまだインパクト絶大の模様。確かにこんな場面でないと”歯磨き”なんていう単語はステージから出てこないですからね。
 これまた今年の曲「だいじょばない」のパフォーマンスに入るのですがあまりの暑さに音響がやられて途中で音が途切れ途切れになります。ですがステージ上の3人、全く意に介することなく踊り続けて寸分の狂いのない振り付けのまま音がピッタリ戻ります。ごく自然な光景にも見えましたが冷静に考えればかなり恐ろしい話です。普通はこうなるとステージ自体止めますからね。
 あとは去年のリベンジ。中断後やむを得ずという形のパフォーマンスになった「チョコレイト・ディスコ」、そして去年本来やるはずであった「MY COLOR」。「MY COLOR」については前回のツアーの時(レビュー)の振り付けをオーディエンスにもやってもらうというノリでしたが事前にPTAのコーナーで教示していた訳ではなかったのでやはりちょっと完璧に揃う状態ではありませんでした(一応歌中に指示していましたがやはり初見では難しいと思います)。またこの曲でも音響が途切れたりしたのでなかなか色々と大変な状況。でもやはり全員が手を上にあげてそのままイントロ無しで歌い出しに入る場面は初見だと感動モノだと思います。終わった後に「大成功!」とメンバーが言ったような感じにまで個人的にはなりませんでしたが、その分やり切った、ホッとした、また雷が来なくて本当に良かった(一応注意報出てたので…)という気持ちになりました。
 というわけでPerfumeファンの立場からすると何とも言えない気持ちといいますか、サマソニ大阪のOCEAN STAGEは鬼門なのかなという思いにもかられましたがこの1ヶ月色々なアーティスト、特にアイドルを多く見た中で彼女たちの表情やパフォーマンスを見るとやっぱり貫禄と風格というものを相当感じさせるものがありましたね。そもそも彼女たちも出はアイドル。音楽性の違いはあれどこれもまた昨日CYNDI LAUPERを見た時に思ったことと同じように、全てのアイドルは今のところ彼女たちのパフォーマンスを最終目標として定めているのかもしれないということを考えました。先週のROCK IN JAPANはある意味その象徴と言えるラインナップでもありましたからね…。
Perfume 3rd Tour 「JPN」(初回限定:ジャケット絵柄ステッカー封入) [Blu-ray] / Perfume (出演・声の出演)結成10周年、メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE@東京ドーム『 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11』 [Blu-ray] / Perfume (出演)Perfume WORLD TOUR 1st 【STAFF PASS レプリカステッカー封入】(初回プレス盤) [DVD]

・マキシマム ザ ホルモン(OCEAN STAGE)
 2008年のRIJ以来フェスではほぼ毎年見てるような気がするのですがいつも混雑を避けて後ろから見てるので、今回のようにモッシュで混雑する中見るのは案外初めてだったような気がします。と言ってもフロントエリアではなく前のステージに続いてテント横での参戦。狭いスペースで必死に柵に掴まりながらステージを見る形になりました。そもそもPerfumeが終わったと同時にモッシュが起こったので緊急避難的に動くのが精一杯で後ろに行けません。
 というわけでステージが始まりますが1曲目からいきなりの「恋のメガラバ」。最初からこんな定番曲やられたらオーディエンスも大変です。モッシュの嵐でした。時間は昼13時を過ぎ気温は35℃超え。直後のMCでダイスケはんが「大阪、アホか!?」と呆れ返るのも無理はありません。熱中症に気をつけろと言いつつも燃え尽きろと要求するようなアメとムチを使い分けるMCは相変わらず健在。ですがやはり本人たちもこの暑さで一杯一杯の模様で(ステージからはそれを感じさせませんでしたが)。ナヲ姐さんの喋りも好調で、38歳にして元Perfume、つけまつ毛をつけて来たり流れで「悲しい色やね」を一節歌うというはっちゃっけっぷりでした。
 楽曲は以前からの定番曲と新作アルバムからほぼ半分ずつ計7曲。まあこれくらいのパフォーマンスをやったら楽曲はあまり関係なくてあとはひたすら踊ってジャンプしてヘドバンするだけ。柵の所から横を見渡すと全員がヘドバンしているんですよね。あらためて見ると壮観過ぎる風景でした。ラスト前には勿論例の”恋のおまじない”コーナーあり。わざわざ全員にジャンプしてもらうためにスペース確保を呼びかける場面が結構微笑ましかったです。まあそうしないと大変な状況でしたからね。というわけであらためて見ると後ろで見るよりやはり前で見た方が楽しめるという結論に落ち着きました。ただ来年以降フロントエリアで暴れながら見ることが出来るかと言われると、自信はありません。
 当然ながらペットボトル飛び交う場面もあり、サークルモッシュやダイブもありでフロントエリアは凄いことになっていましたが飛ばした後のペットボトルはちゃんと持って帰って欲しいですね。これはホルモンだけでなくサマソニ全体の問題なんですがフロントエリアのゴミの溜まり方が尋常じゃないです。禁止されているはずのアーティストへの写真撮影も含めて、色々フェスを見る限りこの辺りのマナーはサマソニが圧倒的に酷いので参戦者の意識の向上を切に願います。大体は常連さんより一見さんの方が問題のような気はしますが。
予襲復讐 / マキシマム ザ ホルモン (CD - 2013)ぶっ生き返す / マキシマム ザ ホルモン (CD - 2007)ロッキンポ殺し / マキシマム ザ ホルモン, マキシマムザ亮君 (その他) (CD - 2005)

・FUZZY CONTROL(FLOWER STAGE)
 次のステージに出てくるアーティストの話題性と昨年ももいろクローバーZのステージをここで見た時に場所取り失敗したことを考慮するとかなり前から行かないとステージをちゃんと見れない可能性が高いように感じたので、以前にも見たことがある彼らのステージをあらためて見る形に。今年のU-EXPRESSでチラッと見て、その前に3年前にもCOMIN' KOBEで一度見ているのですが正面から近い距離で見るのは初めてでした。男性2人、女性ドラム1人のスリーピースバンドですがあらためて見るとこれも演奏能力が大変高いバンドで迫力ありました。男性のギター・ベースも良かったですがドラムも女性とは思えない力強さでしたね。ちなみに彼女、一人称は「オレ」だそうです。ギター&ボーカルは吉田美和の夫・リリィの息子ということでお馴染みですが彼女も実は菅沼孝三という大変有名なドラマーを父に持っているのだそうで。
 ステージは以前に見た時にも感じた通り大変熱い内容でした。あとギターが最後に「ありがとうございました!」とマイクを通さず真ん中から肉声で挨拶していたのが印象に残りました。音合わせで「長州力大好き!」とか「紅」を一節歌う辺り、その辺のセンスもあるように思いました。ドラムの人によるとMCが面白いから今回は時間がないので禁止されている、ということらしいです。
ROCKS / FUZZY CONTROL (CD - 2013)FUZZY CONTROL / FUZZY CONTROL (CD - 2009)8 single / FUZZY CONTROL (その他) (CD - 2008)

・BABYMETAL(FLOWER STAGE)
 今回のサマソニ大阪の邦楽勢で個人的に注目していたステージの一つ。かなり凄いステージを展開するという噂は以前から多く耳にしていましたがあらためて見たらそれはもう想像をはるかに凌駕した内容でした。
 まず音合わせ。怪しげな仮面を被ったメンバーが次々に登場します。神バンドと言われる面々だそうですがその演奏。恐ろしく上手いです。フェスでこれまで多数のステージの音合わせを目撃しているわけですが音合わせの時点でこんなただならぬ雰囲気を感じたのは間違いなく初めてです。特にドラムはスティックで叩く腕もそうですが足さばきが相当とんでもないことになっているように感じました。
 さて本番です。オープニングのナレーションを経て、リズムに合わせて3人が登場します。神バンドのとんでもないレベルの演奏に合わせて3人が踊りますがこれもまた非常に動きが激しく表情もしっかり作り込まれておりまして。インストの後に演奏されるのは直近の曲になる「メギツネ」。これがまた凄い曲でして、ヘヴィメタという要素にここまで「和」が入り込めるモノなのかと。ジャンルの壁を完全に軽く超えているという印象をもうこの時点で持ってしまいました。ボーカルを担当しているSU-METALこと中元すず香はアクターズスクール広島〜アミューズ(さくら学院)という、数時間前にOCEAN STAGEに出ていた某三人組を彷彿とさせる経歴の持ち主。この日は調子があまり良くなかったそうですごくうまいという印象はなかったのですが、トラックで聴いて感じた声質の良さは非常に感じました。
 続いては「Catch me if you can」。演奏の合間に繰り広げられる2人の”まあだだよ”。YUIMETAL(水野由結)とMOAMETAL(菊地最愛)はまださくら学院に在学中の14歳なんですが、この重音が響き渡る中での2人の役割の必然性・存在感は言葉で言い表せないものがあります。何と言いますか、ここまで「天使」という言葉が似合うシチュエーションに出会ったのは過去に経験ないかもしれないほどです。いやこれだけ可愛いと心から思える故に実は完全なる「悪魔」なのかもしれない、逆にそこまで思えてくるほどの破壊力をこの曲のパフォーマンスから感じさせました。大体にしてこういうサウンドでかくれんぼの歌詞にするのがどうかしていると思えなくもないのですが。その次の「いいね!」ではヘドバンのフリでこれもまた相当激しい内容。
 最大のハイライトはやはり「ヘドバンギャー!!」でしょうか。SU-METALの冒頭のソロ歌唱と「ヘドバンギャー!!」の叫びが完璧にキマってます。バックでは神バンドの文字通りの神演奏。天使なのか悪魔なのかよく分からない2人はCO2を放射し始めました。あまりの内容に自分が見ていた周辺ではついにモッシュが舞い起こりました。ホルモンを見た時と同様、柵に掴まらないと流されてしまいそうな状況。
 ラストは「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。アイドルどころかJ-ROCKでも数少ないイジメ問題について立ち向かった作品として著名なナンバーですね。もうここまで来ると大詰め。右手を見渡すとサークルモッシュまで起こり始めています。大盛況という一言では説明できないほどの凄まじい内容でした。TwitterではあのMETALLICAのメンバーとのショットまであって、ドラムのLars Ulrichに至っては裏でステージを拝見していたのだとか。この日はMETALLICA、マキシマムザホルモンといったこのジャンルの頂点がいたり、事務所かつSU-METALにとっては地元の先輩にもあたるPerfumeがいたりで彼女たちにとっても非常に重要な日になったことでしょう。フェスで伝説的なステージ、というのは過去にも色々ありますがこのステージもそういう域に達しているのではないでしょうか。来年の今頃は日本武道館くらい軽く埋めていること間違いないでしょう。いやもしかすると一気に代々木第一体育館くらいまでいくかもしれません。ここ最近だとPerfume、ももいろクローバーZやきゃりーぱみゅぱみゅ辺りが凄い勢いでステップアップした印象がありますが彼女たちもおそらくそういう存在になるのではないか、と。
「メギツネ」 キ盤<初回生産限定盤CD+DVD> [Single, CD+DVD, Limited Edition] / BABYMETAL (CD - 2013)ヘドバンギャー!!【通常盤】 [Single, Maxi] / BABYMETAL (CD - 2012)イジメ、ダメ、ゼッタイ 世直し盤 SU-METAL すうメタル / BABYMETAL (CD)

・the GazettE(FLOWER STAGE)
 ヴィジュアル系の中では最も広く知られているであろうバンドですね。メジャーデビューした2005年から高い人気を維持していて過去には東京ドーム単独公演も成功させてます。このジャンルは個人的にあまり聴くことがない、所謂アウェーなジャンルなんですがそれだけにこういう機会でないと見れないのであらためて見てみました。
 スタンスとしては海外のバンドを見る感じで見たわけですが、それと比べても遜色なかったです。出て来た瞬間に体格が非常に優れていることが分かりましたし、事実演奏も大変力強いものでした。このジャンルのボーカルは大体歌声が美しいイメージなんですがそのイメージにも全く違わず。楽曲単体の印象はあまりなかったりしますが全体としてすごく楽しめるレベルの高いステージングを展開していたように思います。
 あとファンの方が女性中心なのもあってかかなり熱狂的な印象を持ちました。長い髪を振り乱してヘドバンしまくっています。ホルモンとはまた違った意味でこちらもインパクト強かったです。というかここまで見てきた中でヘドバンが一切なかったのはPerfumeだけです。VOLBEATは勿論地味にFUZZY CONTROLもそういうフリありましたからね。こんな回り方する日は今後多分訪れることないだろうなぁ、と思ってしまいました。
FADELESS(初回生産限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi] / the GazettE (CD - 2013)the GazettE LIVE TOUR 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA(初回生産限定盤) [DVD] / the GazettE (出演)EXODUS-EP(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / lynch. (CD - 2013)

・M.I.A.(MOUNTAIN STAGE)
 これも全く知らなかったアーティストなんですが前日の幕張で凄いステージをやっていたという報告があったので、あえて事前情報ゼロで行ってみました。始まるや否やいきなりスクリーンにはブッダの絵。そしてトランス状態のエレクトロなミュージックが奏でられるダンスステージが終始展開されていたという状況でした。一応ピンクの民族衣装を身に着けていた女性のソロユニットということで民族的にはイギリス出身のタミル系スリランカ人ということらしいです。サマソニには2005年以来8年ぶりの出演だったのだとか。
 最初はスタンドから見てましたが何がなんだかよく分からない状況なので途中からアリーナに降りて見ました。緑の衣装の男女が曲によって色々出てきたり退場したり踊ったり、ドラムっぽい楽器を叩く女性が非常に力強かったり、本人は何度もステージに降りて体を触られたり写真を撮られたり。いわゆる何が何だかよく分からないけどとりあえずスゲー!系なステージであることは間違いなさそうでした。
MAYA / M.I.A. (CD - 2010)

・METALLICA(OCEAN STAGE)
 4年連続で行ってる割にサマソニのヘッドライナーを一番大きいステージで見るのは3年前のSTEVIE WONDER以来二度目で、我ながら何を考えてるのやらと思う部分もありますがさすがに今回はここまで見たステージの流れを考えるとこのステージ以外の選択肢は考えられなかったですね。楽曲の知識は全くなかったのですがさすがに彼らが残した実績の凄さは想像ついているので、どんなものかと思って見たわけですがやっぱり凄かったですね。
 4人の演奏は完全に有り得ないレベルです。楽曲に関しては何とも言えませんが一つ一つの音が力強い上に非常にはっきりと出ていて、音が流れるというような場面が全く存在しません。このクラスですから音響にも細心の注意と拘りがあったと思われますがそれ以上に彼らのプレイに2時間近く痺れさせてもらった、そんなステージでした。特にリードギターのKirk Hammettはもうムチャクチャです。どの曲にも見せ場があってその全てで神プレイを魅せるといった状況で、もうどう考えても間違いなく今まで自分が見た中で一番のギタリストだと思いました。ベースのRobert Trujilloも凄かったですね。あんな力強いベースソロは初めて見ました。ドラムのLars Ulrichも力強い演奏で凄かったですね。歌が知らない人間の立場からすると案外ボーカルのJames Hetfieldが一番印象薄かったかもしれません。いやボーカルもリズムギターも十二分に凄かったですが。
 後ろの方から少しずつ前の方に移動しながら見て、最終的には思ったより前の方で見ることが出来ました。後ろの方は私と同様一見さんも多かったと思うんですがちょっとノリが悪い人が多い気がしました。突っ立ったままでなく少しくらい体でリズムを取った方が楽しいと思うのですがそれも一つの楽しみ方なのかもしれません。さすがにフロントエリアは大盛り上がりでしたが、大合唱を求めるシーンでは案外合唱できている人は、フロントはともかくその後ろではあまりいなかったような。でもそういう人たちでもその演奏能力の高さとステージの熱さにはきっと魅了されたに違いないと思います。
 アンコールは2曲、その後再度アンコールを求める声に応じてもう2曲。さらに演奏後ピックをオーディエンスに投げますがそれが何百個になるかというおびただしい数でした。キャリア30年超の大ベテランなんですがパーソナルな面から見るとベテランらしさは全く感じさせない非常に若々しいものでした。このジャンルは個人的に一番勉強不足な分野であることは自認しているので、またあらためて彼らの作品をチェックしたいとあらためて感じました。5年くらい後にまたサマソニでヘッドライナーとして出る機会があれば、今度は曲をある程度頭に入れた状況で楽しみたいです。それによってまた感じ方も変わってくるはずなので。
Metallic Through the Never (Music from T [Import] / Metallica (CD - 2013)Master of Puppets [Import] / Metallica (CD - 2013)And Justice for All [Import] / Metallica (CD - 2013)


 以上です。昨年は全く行った気がしなかったサマソニでしたが今年は非常に充実した二日間を過ごすことが出来ました。4年連続で行っているのと、他の夏フェスにも行きたいという気持ちがあるので来年行くかどうかは不透明ですがこういうステージを二日間見せられると来年も足を運びたいなぁ、という気持ちにはなりますね。暑さに関して言うと今年のこのフェスに耐えることが出来ればもう大丈夫という自信も出てきました。まだまだ先のことは分かりませんが運営も少なくともこの4年間の中では最も充実していたので、来年以降もおそらく良いイベントになることが期待できます。そういえば2009年は10回目ということで3日間開催でした。来年は15回目の節目を迎えます。やはり行くべきなんでしょうか。いっそのこと幕張に足を運ぶべきなんでしょうか。全ては来年になってから決めたいと思います。それでは本当にありがとうございました。

posted by Kersee at 10:25| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: