2010年05月16日

2010.5.16 moumoon in 西宮ガーデンズ

 5月16日の正午から開催された西宮ガーデンズでのmoumoonのライブをレポートしたいと思います。

 ボーカルのYUKAは白いドレス姿。右手にタンバリンを持ってます。まずは3月にリリースされたミニアルバムから「リフレイン」。演奏は柾昊佑のギターのみというとてもシンプルなスタイル。

 今回のライブは1曲ごとにMCを挟む構成。ボーカルのYUKAはどことなく平原綾香を思わせる佇まい。つまり言うとやや天然。オチのない話を続けたり次の曲に繋げる話かと思ったら別の話だったり。柾さんが本番直前までしゃっくりが止まらなくて大変だったという話に続けて久々に演奏するという「Mellow」。花を買ったという話の後でそれにちなんだ曲かと思いきやメジャーデビュー曲の「Do you remember?」。そしてインディーズデビュー曲の「Flowers」。ラストに今回の新曲「Sunshine Girl」。ブログでCM初オンエア日を書いていたけどそれを間違えた、というMCの後です(汗)タンバリンを使っていたのは最初の3曲、そしてバックの音を使っていたのは最後の曲だけで、ボーカルの声が暑い西宮ガーデンズのステージに響き渡っていました。

 音楽面についてですが、少なくとも今回演奏された曲は似たような物がなく、バラエティに富んでいたように思います。「Sunshine Girl」が異質な楽曲なのは後述しますが、それ以外でもどの曲が一番印象的、というものはありませんでした。というよりボーカルのYUKAが非常に印象に残りましたね。英語の発音、美しい歌声、そして凛としたルックスに少々変わったキャラクター。何と言いますか、「歌姫」という称号は彼女に一番ふさわしいと言っても過言ではないほどの魅力を感じました。女性歌手中心に聴いている方で彼女のファンという人もよく見かけますが、その理由は非常に納得できましたね。正直に言うと楽曲を全く知らなくてもワンマンライブに足を運びたくなる、そう思わせるくらいの雰囲気がありました。

 ワーナーやソニー辺りにいそうなイメージもありますが、この人たちは実はエイベックス所属。ここはデビュー時に大きな宣伝費をかけて一気に知名度を上げるというタイプのアーティストが多いイメージがありますが、この人たちに関してはじっくり育て上げているというイメージです。CMタイアップの今回の新曲で一般層にも一気に認知されることになると思いますが、ブレイクしたからと言って俗っぽい売れ方に移行することだけは止めて頂きたいです。まあ大丈夫だとは思いますが…。
posted by Kersee at 12:00| Comment(0) | フリーライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: