2015年08月08日

2015.8.8 Negicco インストアイベント in タワーレコード大阪梅田NU茶屋町店

 1週間前に見たTOKYO IDOL FESTIVAL、SMILE GARDENヘッドライナーのステージの余韻が未だに頭の中に残っている今日この頃ですが、TIFでは「ねえ バーディア」という新曲がライブで初お目見えになりました。新曲が出るということは、当然ながらリリースイベントがあるということです。というわけで行ってきました。今回はTwitterでかなりリアルタイムつぶやきをしているので、それに則った形の進行とさせて頂きます。

ねぇバーディア 初回限定盤A [CD+DVD] - Negicco
ねぇバーディア 初回限定盤A [CD+DVD] - Negicco

ねぇバーディア 初回限定盤B - Negicco
ねぇバーディア 初回限定盤B - Negicco

(1回目・15:00〜)

 イベントは15時からと18時からの2部制でした。2部制の場合片方だけ見て後にするということも過去ありましたが、今回は両方さらに2部では3枚買ってチェキ会にまで参加するという形にしました。個人的に写真を撮られるのに抵抗があることもあって今までチェキ会は体験したことなかったのですが、今回は思い切って。



 1部のセットリストは「トリプル!WONDERLAND」「ねぇ バーディア」、MCを挟んで初披露のカップリング曲「おやすみ」「ルートセヴンの記憶」という内容でした。感想は概ね上の通りです。リリースイベントに行くのは2年前の「ときめきのヘッドライナー」以来なんですが、当時と比べると歌唱パフォーマンスは本当に段違いになっていますね。ハモリの精度も上がっていますが、個人的にかえぽの歌唱力が劇的に上がっているような気がしました。以前は不安そうに歌ってた時もあったのですが、今日はそう思わせる場面が全くなかったように思いました。



 Nao☆ちゃんは相変わらずお肌もギャグもスベスベで絶好調でした。あとはリツイートで思い出したかえぽのやり取り。”声足りなくないですか?”の煽りなのに残り2曲声を出す曲がなかったというセルフツッコミ。他の2人と比べて、大阪独特の勝手に入ってくるような煽りには笑顔で塩対応といったところ。まあ確かに関西人でないと対応はしにくいでしょうからねぇ。

(2回目・18:00〜)


 新曲「ねえ バーディア」はまだ発売されてないはずなんですが、ファンにとっては完全に馴染みの楽曲になりましたね。曲中のメンバーコールやフリもバッチリでした。




 2回目のセットリストは「サンシャイン日本海」「おやすみ」「さよならMusic」「ねえ バーディア」でした。このセクションは前から3列目下手側の端で観覧。「おやすみ」のラストで見せるNao☆ちゃんの表情は特に素晴らしかったです。ただこの日が初披露ということだけあって(そういえば1回目は3人ともすごく緊張しているというMCでした)ハモリはまだまだ完成されていない印象で、この辺りはリリースイベントを回るうちにどんどん精度を上げていくという段階でしょうか。日比谷野音ではきっと完成された「おやすみ」を見ることが出来ると思いますが。








 2回ともハイタッチ会→チェキ会というミニライブ後の流れでしたが、ファンにとってはむしろこちらが本番という趣でした。常連さんが多かったでしょうか。皆さん小ネタ持ち込み過ぎです。新曲に合わせてネギ色の愛の兜を持ってきた人が個人的インパクト大賞でした。2年前に握手会だったのがハイタッチ会になって、人も増えてることが予測されたので多少一人辺りの時間が少なくなるかと思いましたが、全くそんなことなかったですね。というわけで今後こういうリリースイベントは参加するしないに関わらず、全て終了するまでがイベントということを念頭に入れて見に行きたいです。

 リリースイベントは今日の梅田を皮切りに明日は名古屋。新潟を経て首都圏のインストア・アウトストアを経てそのまま16日・日比谷野外音楽堂ワンマンに繋がります。休み一切なしでビッシリ埋まってます。日比谷は新潟ワンマン以上のキャパシティで、Negiccoの活動においても一種の賭けになっています。個人的に行けないのは残念でならないですが、このリリースイベントをきっかけに足を運ぶ人が一人でも多くなることを祈りたいです。そして何よりシングル「ねぇ バーディア」ですが本当に素晴らしい作品です。11日までにJapanese Musicの方で楽曲レビューを書く予定にしていますが、おそらく自分が今まで聴いてきた1万曲以上の中でもTOP100には間違いなく入るでしょう。オリコンTOP10入りを目標にしているようですが、個人的にはそれ以上に長くヒットする作品になって欲しいと思っています。極端な話、どんな曲でもアーティストの人気・知名度や売り方次第で初出場の順位は簡単に上げることできますがロングセラーは本当に曲が良くないと出来ません(まあライブ会場で限定CDを発売する、という手もあるんですが)。火曜日リリースなのでおそらくデイリーは1位、最低でも5位までには入ると思います。他の上位候補はSKE48・GENERATIONS from EXILE TRIBE・back number・ゆず・Da-iCE(8種)・バクステ外神田一丁目(4種)・Kalafina(5種)・小倉唯といった具合なのでTOP10は何とかなるかなとは思いますが…。でもやっぱりCDセールスだけでなく、iTunes等のダウンロードでも支持される名作に十分仕上がっていると思うので少しでもNegiccoに興味ある人ならリリイベに足を運んでもらってCD購入、地域外の人ならダウンロードでもいいと思います。Youtubeでフルが上がってるのでまずは視聴してください。レキシの池ちゃんが作ったという名前だけでも間違いないと思います(ちなみに「おやすみ」はMEG作詞)。Negiccoの数ある名曲の中でも更に上をゆく作品なので、是非大ヒットして欲しいとNegiccoファンとして、いや音楽ファンとしてあらためて願います。
posted by Kersee at 15:00| Comment(0) | フリーライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: