2018年07月22日

2018.7.22 チャットモンチーの徳島こなそんフェス2018 最終日 in アスティとくしま(前編)

 徳島の城東高校で橋本絵莉子を中心にチャットモンチーの名で結成されたのが2000年。一緒にやっていたメンバーが高校卒業と同時に抜けてえっちゃんだけになり、チャットモンチーを存続させるためにえっちゃんのファンだった福岡晃子が加わったのが2002年。その後高橋久美子が加わり、ミニアルバム『chatmonchy has come』でキューンレコードからデビューしたのが2005年。その後についてここで書くのは省略しますが、チャットモンチーほど面白い変遷を経たバンドは滅多にいないと思います。”完結”という解散を迎える2018年7月22日とその前日、それはチャットが生まれた徳島という地で、関わりのあるバンドが一緒に盛り上げるフェス形式。これもまたラストを迎えるバンドとしては異例のこと。J-ROCKの歴史に残る一日、待ち遠しいとともに来て欲しくなかったという複雑な気持ち。この日アスティとくしまに足を運んだほとんどの人が、そう感じていたのではないでしょうか。前置きはこれくらいにして、本編に入ります。2日間行われたうちに最終日、出演アーティストは以下の面々です。

Hump Back
四星球
THE イナズマ戦隊
森山直太朗
スピッツ
チャットモンチー


…相当な長尺になりましたので2記事に分けることにしました。前編は以下のステージについて書いています。

Hump Back
四星球
THE イナズマ戦隊


チャットモンチー BEST〜2005-2011〜
チャットモンチー BEST〜2005-2011〜

〜開演前・前説MC〜
 会場のアスティとくしまに到着したのは10時半頃。開場13時なのでグッズ売り場に並びましたが長蛇の列。前日から売れ行きはかなり凄いことになっていたようで、1時間近く並んだ結果はほとんど売り切れという状況でした。また昼どきということもあって会場外のフードコートも長蛇の列、徳島ラーメンに至っては特に長く約1時間待ち。おかげで会場に入ったのは開演ちょっと前、前説のMCが既に始まっていた頃。この日のMC担当は吉本新喜劇の宇都宮まき。開演にあたっての注意事項を読むにあたって、独特の口調で小ボケ連発。チャットモンチーの2人と喋っている様はまさしく”徳島のかしまし娘”と言いたくなるほどでした。



Hump Back
 オープニングアクトを飾るのは、今年6月にバップからメジャーデビューしたばかりの女性スリーピースバンドHump Back。このバンドのボーカル&ギター・林萌々子はチャットモンチーに強い影響を受けて音楽活動を始めたそうです。高校時代はチャットのコピーバンドをしていました。彼女の人生において絶対に外せない存在、そんなバンドが活動最終日を迎える日に初共演。その心境は如何ばかりでしょうか。正直、複雑な気持ちが同時にいくつも交錯しているはずで、想像ができません。間違いなく言えるのは、3人にとって2018年7月22日は一生忘れられない日であること。
 3月28日にトリビュートアルバム『CHATMONCHY Tribute〜My CHATMONCHY〜』が発売されましたが、それに収録されている「湯気」から演奏スタート。その林さんのボーカルは、完全に10数年前の橋本絵莉子が降臨していたかのような。伸びのあるロングトーンと、体の内面から全ての気持ちを押し出すかのような歌声。声量も非常にあります。後継者として歌い継ぐに全く不足なし、最初から見事過ぎるカバーを披露した後に今年6月リリースのシングル曲「拝啓、少年よ」

 演奏されたのは「短編小説」「星丘公園」「月まで」を含めて合計5曲。有り余るほどの声量と、少し若さや粗っぽさも感じさせるボーカルは、それこそ10年前に初めて見た時に感じたチャットモンチーの印象そのまま。演奏も含めて、非常に”強い”音楽を作るバンドです。またチャットと一番大きく違っている部分はMC。比較的緩いチャットに対して、Hump Back特に林さんの喋りはものすごく熱いです。途中涙で言葉が詰まるほどにロックンロールとチャットモンチーへの愛を訴えかける曲間の語りは、BLUE ENCOUNTの田邊駿一に近いものがあります。むろん自分が見た他のガールズバンドでは感じられなかったこと。”チャットモンチーは私の青春、次は誰かの青春になりたい”と語るMCは最高でした。前日出演したyonigeと彼女たち、おそらくロック系のガールズバンドはこの2組が牽引する形になるのではないでしょうか。それは同時に、チャットモンチーの魂を引き継いだという意味も持つことになりそうです。

. 7/22@アスティとくしま "チャットモンチーの徳島こなそんフェス2018". ‪Photo by 日吉"JP"純平

Hump Backさん(@humpback.official)がシェアした投稿 -





四星球
 チャットモンチーとは切っても切れない関係にあるのが四星球。双方とも徳島で結成、特にボーカル・北島康雄とあっこぴんは大学も誕生日も同じ。もっともチャットは10年以上メジャーレーベルで活躍、四星球はライブ活動中心でメジャーデビューは昨年のアルバム『メジャーデビューというボケ』というコミックバンド。というわけで、登場は「巣立ちの歌」をバックに4人揃って顔を緑に塗り、全身タイツを着用したすだちくんの格好。のっけからおおいに笑いを取った後で演奏するのは「妖怪泣き笑い」。大体のライブ・フェスで演奏されてる曲ですが、この日のような場面で聞くと妙に感慨深くなる歌詞です。ステージは全力で笑いを取りにいっている状況ですが、だからこそでもあって…。その後いつの間にか「クラーク博士と僕」に移行。”どこで曲が変わったか分からなかったでしょ?”と自らネタにしていました。
 その「クラーク博士と僕」では、突然あっこぴんの父親の顔パネルが登場。ステージ袖にいた彼女には全く知らされていないドッキリで、ビジョンに映った本人は超ビックリ。パネルを見せた後は床に置いて、何とか3人ともそれを踏まずに移動しようと頑張っていました。
 新曲という触れ込みで演奏された「言うてますけども」。その演奏が終わったところで小噺。北島さんは昨日もここに来ていて、写真を求められました。ただ撮られる方ではなくて撮る方としてだったのですごく切なかった…”とか!”の一言で”言うてますけども言うてますけども…”とサビ一節だけ演奏再開。そんな展開が何度か繰り返されました。更に”橋本絵莉子はケータリングのポットにアスティとくしまと書かれているのをアイスティーと見間違えて、出たのがお湯でビックリした”といういかにも彼女なら有り得そうな話を放り込みます。そこで検証のため御本人登場。どうやら本当のエピソードだったようです。そのまま「蛍の影」をデュエット。これは至って真面目な曲でした。更にえっちゃんが北島さんのエピソードを放り込んで、本人が”とか!”とかわいく言って「言うてますけども…」の展開。演奏中にしれっと帰るえっちゃんもまた彼女らしい光景。
 曲中でUFOを呼び寄せる定番曲、イコール茶番曲と呼ぶ「Mr.Cosmo」ではテンション最高潮。先ほどパネルで出てきたあっこぴんのお父さんですが、なんと魚群の群れと一緒にご本人登場。ステージ袖のあっこぴんは完全に悶絶しています。ちなみにお父様は教師をやっていたそうで、北島さんもリアルにお世話になったのだとか。親子の微笑ましいやり取り?もあった後、お父さんは9月23日・24日に旧佐那河内中学校跡地で行われる「四星中学校文化祭 10thANNIVERSARY」を宣伝。実際開催にあたって色々関わっているみたいです。


 更に更に言うと、四星球が普段ライブを行っているのはライブハウス。というわけで座席指定の椅子付きの現場は慣れていません。この曲ではフロアに降りた北島さんの後ろをみんなでゾロゾロついてくるミステリーサークルというノリがあるようです。ところがこの現場ではそれが出来ない…ということでチャットモンチーの2人に協力してもらって、1分間トイレ休憩というアナウンス。そうすれば出来るだろうというなかなかの強硬手段、下手側アリーナでは席から移動して北島さんについていくライブキッズが続々出現しました。
 ラストは「クラーク博士と僕」を「クラーク博士と僕トモンチー」に替えて披露。ビジョンには白い文字の歌詞が入ります。これも武道館ラストのパロディーで、その時は「サラバ青春」を歌ったのですが真っ白な衣装に白文字なので文字が見えないというオチがあったそうな。同じ徳島、2組の関係性が深いからこそ書ける歌詞はマジメに感動モノでした。
 進んだ道は全く違いますが、2組の絆は全く揺るぎありません。このステージでは曲中でも曲間でもチャットモンチーへの賛辞とエピソードを惜しみ無く話していました。公式では解散を”完結”という言葉で表現していますが、彼らはあえて”完成”と称していました。その理由を特に述べない部分もまた四星球らしいのだろうと思ったところです。





尼神インター
 こなそんフェスはお笑いの方々も呼んでいます。徳島自体が関西に近いのと、あと小藪千豊との関係もあるでしょうか、よしもとクリエイティブ・エージェンシーのタレントがやはり中心。最初に登場した尼神インターは心理テストのネタ。ネタも良かったですが、それ以上に前後のフリートークの方が面白かった辺りに、テレビで大活躍できる理由を感じた次第。漫才としては本来誠子がボケで渚がツッコミという役割ですが、この日のネタは渚がボケで誠子がブスといじられつつツッコミを入れるという形。テレビでもどちらかと言うと渚の方が目立っているので、それに準じた形にしたといったところでしょうか。女流漫才の実力派も海原一門以外で活躍している方々は非常に少ないので、彼女たちには今後も長く頑張って欲しいところです。

THE イナズマ戦隊


 前日は福岡で行われたNUMBER SHOTに出演、当日は飛行機移動だったのですが雷のため福岡空港の滑走路が閉鎖。新幹線と列車乗り継ぎに切り替えた結果到着はなんと本番15分前。ただサウンドチェック(なぜか「GOLDFINGER '99」「ギャランドゥ」でしたが)、ステージを見る限りその事実は言わなければおそらく分からなかったと思います。上中丈弥のボーカルも演奏も、流石結成20年以上のプロフェッショナルという仕事っぷりでした。
 ステージは「喜びの歌」、そして渋谷すばる卒業という意味を込めて「ズッコケ男道」。カバーではありませんよと言う通り、この曲を作詞したのは上中丈弥。関ジャニ∞の躍進に欠かせない人物なのは間違いなく、その点はもう少し広く評価されてもいいと私から見て思うわけですが。その後は「バカ者よ大志を抱け」「オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ」「マイジェネレーション」「33歳」「応援歌」というセトリ。熱いステージと、「応援歌」でまたグッとくる展開は7年前にカミコベで見た時と同じ感想。絶大なる安定感で全く間違いなし。やっぱりライブ主体に長年活動しているバンドは違うなとあらためて感じるステージでした。チャットモンチーは同じ事務所の後輩、彼女たちに対する思いを語る場面も熱かったです。



テツandトモ
 テツandトモは昨年、「Magical Fiction」のPVにゲスト出演しています。

 当然ながらネタはテツトモの代名詞と言えるなんでだろう。”チャットモンチーのなんでだろう”というこの日のためのネタもありました。これが流行ったのはもう15年前、2人とも48歳です。ですがやっていることに大きく変わりはありません。テツさんに至ってはステージから降りてアリーナを走って半周しています。普通の48歳男性なら走った後ネタをするどころではないはずですが、彼の場合はその後も柔軟な動きでパフォーマンス。恐ろしい体力です。これが出来るのは郷ひろみか彼くらいのものでしょう。今後も永く活躍してほしいです。

posted by Kersee at 13:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: