2019年04月07日

2019.4.7 私立恵比寿中学ライブハウスツアー2019 〜Listen to the MUSiC〜 in Zepp Nagoya

 3月13日に通算5枚目のオリジナルアルバム『MUSiC』をリリースした私立恵比寿中学。今年は結成10周年イヤーということで、年内もう1枚のアルバム発売・初の主催フェス開催など例年以上に精力的な活動を展開しようとしています。4月から行われる春ツアーも、ここ何年かは全国のホールを回る形でしたが今年はライブハウス。したがって名古屋や大阪・札幌はZeppでの開催ですが、それ以外の地方は数百人程度のキャパシティー。ですので、本来ホールでも完売かそれに迫るくらい売れるエビ中がそれをやると倍率が非常に高くなります。熊本や長野・仙台などもファンクラブやホームページ先行で予約しましたが、結局入手できたのはツアー初日となるZepp Nagoya公演のみでした。

 2016年以降エビ中のツアーは毎回足を運んでいますが、初日となると今回が初となります。さらに言うと、4月は今のところライブに行く予定を作ってないので個人的には平成で最後に行くライブとなります。

 なおツアーは6月2日まで開催予定となっています。過去の傾向だと各会場セットリストも少しずつ変わり、演出の変化も多少みられるかと思いますが、今回は普段ファンクラブ限定サイトで掲載されている学芸会レポもなく、各媒体に掲載されているレポでも曲目は明示されていません。ですので今回のツアーに足を運ぶ人は基本的に当記事を見ないことをお薦めします。ただ、レポを読んでいけば分かるかと思いますが、このライブはネタバレ状態で見てもおおいに驚嘆できておおいに凄さを感じられる内容になっています。ですので、エビ中に興味ある人は勿論そうでない人にも、このレポをきっかけにライブに足を運んで頂けるとすごく嬉しいです。以上の点を留意して、「続きを読む」をクリックしてください。



続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

2019.3.24 赤い公園 Re: First One Man Tour 2019 in 神戸VARIT.



 この発表がされたのは2017年7月3日、脱退したのは8月31日。バンドの要であるボーカル脱退のニュースは非常に衝撃的でしたが、もっと人々をビックリさせたのはこの後。



 
 アイドルから音楽関係の異業種へ転身した例は過去にもありますが、既に実績あるロックバンドの新ボーカルとして迎えられる例は初めてではないかと思います。というわけで新生・赤い公園の初ツアー、神戸公演に行ってきました。

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

2019.3.7 Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」代替公演 in 大阪城ホール

 昨年8月15日リリースのアルバム『FUTURE POP』を引っさげて、全国のアリーナ会場でツアーを開催したPerfume。個人的には2012年のJPNツアー以来毎回足を運ぶようにしていて、違う会場で複数回見ることも恒例で今回もその予定でしたが、あいにく9月の大阪城ホール公演は台風で延期、11月の北海道に至ってはまさかの体調不良で足を運ぶことが出来ないという有様。当然いまや当日券を簡単に購入できるクラスではなく、年末の横浜アリーナ公演もスケジュール的に参戦不可能だったので、ようやく年が明けて3月の代替公演でやっと見ることが出来た形。もっともブログで一般公開できるのは、どちらにしてもこの公演終了後だったかもしれないですが。


 NTTdocomoとの連携もここ1年近くで恒例となり、上の広告動画にもYoutubeで開くたびにかなりの頻度で遭遇しています。いまや『GAME』「ポリリズム」以前どころか、5, 6年前くらいと比較しても想像できなかったほどに大きな存在となっているPerfume。今回も完全に別格のスケールでした。では御覧ください。

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

2018.12.11 aiko LOVE LIKE POP VOL.20 代替公演 in 神戸国際会館こくさいホール




 10月22日の神戸公演、途中で声の不調を訴える形でまさかの延期&振替決定。スタッフの動きは大変早く、翌日にはもう日程が決定しました。12月11日、本来のツアーファイナルであるフェスティバルホール公演の2日後。個人的にはその日幕張まで宇多田ヒカルを見に行っていましたが、まさかこんな連日メジャーデビュー20周年を迎えたアーティストのツアー最終公演を見ることになろうとは思いもせず。本当に今年、特に下半期は解散ライブ連発やら公演中止やら延期やら中断やら、イレギュラーな事態が多く起こっています。そういえばファンクラブ限定ライブや解散ライブ、メンバー卒業ライブに足を運ぶのも今年が初めてです。むろん、ライブの振替公演に行くのも今回が初めて。個人的には2018年最後に行くライブ、果たしてどんな内容だったのでしょうか。

湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし) - aiko
湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし) - aiko


続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

2018.12.09 Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 in 幕張メッセ国際展示場9〜11ホール

 1998年12月9日にCDシングル「Automatic/time will tell」を発売して以来、数々の記録を打ち立て多くの人々を魅了してきた宇多田ヒカル。今年デビュー20周年を迎えるにあたって、2006年以来12年ぶりに国内ツアーを開催。アルバム『初恋』の初回購入特典で応募、こういう形でチケットが取れた記憶はほとんどないのですが、なんと当選。ただでさえライブする機会が少ない、当然フェスにも出たことがない、過去に日本記録を樹立した程の大物、更に言うとツアーファイナル、デビュー20周年の節目となる日。半端ないプレミア感で、正直よく当たったなぁという気持ちが今でも強いです。1万円以上するチケット、顔写真認証もありの厳しい本人確認もありましたが、このライブに行けることを思えば微々たるもの。次にいつ見られるか分からない、もしかすると生で見るのは最初で最後かもしれない、そんな貴重な機会をレポしていきます。

初恋 - 宇多田ヒカル
初恋 - 宇多田ヒカル

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

2018.11.11 私立恵比寿中学 秋のツアー2018〜9年目、義務教育からの卒業〜 in 神戸国際会館こくさいホール

 ここ2年ですっかり参戦回数が増えた私立恵比寿中学の学芸会。思えば初参戦はまだ9人時代の2013年で、その次は2016年の神戸国際会館こくさいホール公演。アルバム『穴空』がリリースされた直後の全国ツアーでした。当時はやっとメンバー全員の顔と名前が一致し始めた頃。年1くらいならともかく、ファンクラブに入って何ヶ月に1回のペースで足を運ぶことはまだ想定していなかったです。今回の秋ツアー、こくさいホールで開催されるのはその時以来2年ぶり。グループ編成も大きく変わりましたが、結構な大きさの会場をソールドアウトさせているのは変わりありません。果たしてどんな内容だったでしょうか、早速レポしていきます。どうぞ。

ここから [Blu-ray] - 私立恵比寿中学
ここから [Blu-ray] - 私立恵比寿中学



続きを読む
posted by Kersee at 16:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

2018.10.22 aiko LOVE LIKE POP VOL.20 in 神戸国際会館こくさいホール

 今年デビュー20周年を迎えたaiko、恒例の全国ツアーLOVE LIKE POPも通算20回目。6月から全国で行われてる長期ツアーは、20回目にして初めてライブで訪れる場所もいくつかあるようです。今回の神戸公演も意外に久々で、2012年以来6年ぶり。当日の様子をレポしていきます。ちなみに個人的にaikoのライブに行くのは3年ぶり3回目ですが、2014年に足を運んだ当時は大阪城ホール、2015年はZepp Namba。ホールで見るのは今回が初めてとなります。そういう意味でも楽しみにしていた公演でした。

湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし) - aiko
湿った夏の始まり[初回限定仕様盤](特典ポスターなし) - aiko

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

2018.9.24 ベイビーレイズJAPAN LAST LIVE〜全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)〜 in 山中湖交流プラザきらら シアターひびき



 今年に入ってから新曲リリースがなくなったり、5月の日比谷野音以外ワンマンライブの知らせもなくなってしまったり。昨年も地方のライブは関西で1回くらいしかなかったので、正直もしかすると…という思いはありました。それでも今年であって欲しくはなかったですし、もっと5人での活動を見たかったというのが、解散発表を受けての気持ちになります。

 さて、ここ最近野外でのワンマンが多くなったベイビーレイズJAPAN。解散の地に選んだのは山中湖交流プラザきららになります。

 毎年夏にSPACE SHOWER TV主催のSWEET LOVE SHOWERが行われることでお馴染みの会場、今年は私立恵比寿中学のファミえんもここで開催されました。山梨県、富士五湖の一つである山中湖は富士山が見える非常に風光明媚な観光地。関西からだと正直馴染み薄い場所ですが、関東からは1時間に1本ペースでバスが運行されていて、大学の寮や保養所も道中のバスから相当数目にしました。確かに解散ライブとしてラストを飾るには、一番うってつけの場所であることは間違いなさそうです。というわけで13時から途中休憩を挟んだ5時間、実質2部に分けて行われたラストライブの様子をレポしていきます。ではどうぞ。

ベイビーレイズJAPAN 5th Anniversary LIVE BOX 『野外ワンマン3連戦“晴れも!雨も!大好き!!”』 [Blu-ray]
ベイビーレイズJAPAN 5th Anniversary LIVE BOX 『野外ワンマン3連戦“晴れも!雨も!大好き!!”』 [Blu-ray]

続きを読む
posted by Kersee at 13:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

2018.9.22 PASSPO☆歌って踊って奏でる対バンツアー in 中野サンプラザ




 ここ数年の売上や注目度を見る限り、確かに全く予期できない解散発表ではありませんでした。ただ、『Beef or Chicken?』『Cinema trip』といったアルバムおよび楽曲の完成度は大変高く、ライブでも絶対グループ活動を長く続けていきたいという強い決意に満ち溢れていたものです。クルー同志・あるいはスタッフと何度も話し合った結果こういう結論に至ったのは自分としても非常に残念ですが、決断は受け止めないといけません。

 というわけで、解散発表してすぐに中野サンプラザで行われるラストライブのチケットを購入。ワンマンは発表があった何ヶ月か前の時点で一般発売していましたが、チケットは直後1週間ほどですぐに完売。当日券も当然なしでしたが、ニコ生で独占生中継という形。個人的には2013年のTOKYO IDOL FESTIVALで初めて見て以来、10回目くらいになるでしょうか。渾身のラストライブのレポ、早速ご覧ください。

PASSPO☆ COMPLETE BEST ALBUM “POWER-UNIVERSAL MUSIC YEARS-”(初回限定 ファーストクラス盤)(Blu-ray Disc付) - PASSPO☆
PASSPO☆ COMPLETE BEST ALBUM “POWER-UNIVERSAL MUSIC YEARS-”(初回限定 ファーストクラス盤)(Blu-ray Disc付) - PASSPO☆

PASSPO☆ COMPLETE BEST ALBUM “POP-UNIVERSAL MUSIC YEARS-”(初回限定 ファーストクラス盤)(Blu-ray Disc付) - PASSPO☆
PASSPO☆ COMPLETE BEST ALBUM “POP-UNIVERSAL MUSIC YEARS-”(初回限定 ファーストクラス盤)(Blu-ray Disc付) - PASSPO☆


続きを読む
posted by Kersee at 18:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

2018.8.12 YOKO OGINOME LIVE 2018 RETURN THE HERO!! in umeda TRAD

 昨年「ダンシング・ヒーロー」が思わぬ形で再び脚光を浴びた荻野目洋子。ただそれより前にもいつの間にか盆踊りの定番になっていたり、バブリーダンスで話題になる少し前にも平野ノラが出囃子で使ったりするなど流れは作られていたのかもしれません。「ダンシング・ヒーロー」以外にも1980年代後半〜1990年代まで多くのヒット曲が存在する荻野目ちゃん、個人的に言うと実は一連のヒットしていた曲は知っていて好きでもあったり。機会があれば一度見てみたい歌手の一人でしたが、今がまさに一番のチャンス。というわけで足を運んで来ました。どうぞ。

ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス - 荻野目洋子
ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス - 荻野目洋子

ゴールデン ベスト 荻野目洋子 - 荻野目洋子
ゴールデン ベスト 荻野目洋子 - 荻野目洋子


続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする