2017年07月13日

2017.7.13 大森靖子2017 LIVE TOUR "kitixxxgaia" in BIG CAT

 メジャーデビュー前の現場を一度でも見ていると、自然にメジャー以降の活動にも注目したくなるものです。大森靖子はまさにその一人。2013年のTOKYO IDOL FESTIVALにおける弾き語りを偶然目にしなければ、今回みたいにワンマンライブに足を運ぶこともなかったかもしれません。と言いつつ、前回見たライブは『洗脳』ツアーで、もう2年経ってます。もっと言うと、今回の会場であるBIG CATは2014年12月のDo As Infinityワンマン以来でこちらも相当久々。メジャーデビュー3年目、今回はアルバム『kitixxxgaia』を引っ提げたライブハウスツアー。早速レビューしていくことにしましょう。

kitixxxgaia(CD2枚組+DVD) - 大森靖子
kitixxxgaia(CD2枚組+DVD) - 大森靖子

ユリイカ 2017年4月号 特集=大森靖子 -
ユリイカ 2017年4月号 特集=大森靖子 -

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

2017.7.8 私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017〜今、君とここにいる〜 in 松山市民会館

 4月22日から始まった私立恵比寿中学のホールツアー「今、君とここにいる」は今月16日、東京国際フォーラムでファイナルを迎えます。2公演目のグランキューブ大阪に足を運んだ際はアルバム『エビクラシー』が発売される1ヶ月前。最初のツアー・八王子で披露された「なないろ」が公式Youtubeにアップされていた以外は情報のみで、完全にまっさらの状態で臨んだ形でした。やはりアルバムリリース後で聴き慣れた状態だと見える景色は変わるはずで、大阪公演後もう1本足を運ぼうと考えた次第。本当はファイナルの7月16日が理想でしたが、関東公演は一般だと即日完売。結果選んだ会場は、自分が足を踏み入れたことのない愛媛県の松山公演。個人的に7月は誕生月、特急を含めた四国の鉄道3日間安く回れるバースデイきっぷの存在が大きかったのは言うまでもありません(3日で9500円)。8日〜10日にかけて四国一周しましたが、その8日に足を運んだ松山市民会館公演の内容を書いていきます。

エビクラシー(期間生産限定盤) - 私立恵比寿中学
エビクラシー(期間生産限定盤) - 私立恵比寿中学

「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト~(完全生産限定盤) - 私立恵比寿中学
「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト~(完全生産限定盤) - 私立恵比寿中学

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

2017.6.29 レキシツアー2017 不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち in 神戸国際会館こくさいホール

 今年レキシは活動10周年を迎えました。また、池田貴史個人としてはSUPER BUTTER DOGや100sも含めてメジャーデビュー20周年になります。活動内容は10年間全く変わってないですが(本人談)、取り巻く環境は特にここ数年で随分変わりました。ロックフェスではもう常連中の常連でなくてはならない存在、ワンマンツアーの規模も昨年からホールがメインで少しずつ大きくなっています。今年のツアーは全公演SOLD OUT、先日は秋に大阪城西の丸庭園と日本武道館、沖縄でのワンマンも決定しました。おそらく来年以降も更に勢いを伸ばすものと思われます。

 私が初めてレキシを聴いたのは2014年の4thアルバム『レシキ』、現場は12月のRADIO CRAZY。その後も見る機会は多く、ここ1年で3度見ています。また池田貴史としても「ねぇ バーディア」(Negicco)や「なないろ」(私立恵比寿中学)など、思いっきり年間上位にランキングしている楽曲が提供されています。特に今年はこの2組メインでスケジュールを組んでいるので、余計に外せないアーティストと化しています。というわけで、今回ツアー神戸公演に足を運んだのでその様子をどうぞ。

 なおツアーは7月27日まで開催予定となっています。セットリストもそうですが、今回演出特にアンコールが大変なことになっています。参戦される方でまだツアーに足を運んでいない方は、極力事前に読まないことを強く推奨します。

Vキシ(CD) - レキシ
Vキシ(CD) - レキシ

【Amazon.co.jp限定】KATOKU(初回限定盤)(レキシ/KATOKU 特製卓上カレンダー/2017.5月~10月付) - レキシ
【Amazon.co.jp限定】KATOKU(初回限定盤)(レキシ/KATOKU 特製卓上カレンダー/2017.5月~10月付) - レキシ

レキツ - レキシ
レキツ - レキシ

続きを読む
posted by Kersee at 18:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

2017.4.29 私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017〜今、君とここにいる〜 in 大阪国際会議場

 今年メジャーデビュー5周年を迎えた私立恵比寿中学。2013年の1stアルバム『中人』の時点でワンマンに足を運んだり、年間1位のアルバムに位置づけるくらいに好きではありましたが、今年1月3日のNegiccoとのジョイントライブをキッカケについにファンクラブにまで入会してしまいました。2017年はNegiccoとともに、エビ中のライブにもおおいに注力しようと思った矢先の、2月8日に流れた突然のニュース。ものすごくショックで信じられなかったとともに、メンバーや運営・家族のことを思うと今後果たしてどうなるかという不安・心配の感情も同時に押し寄せてきました。正直今回のツアーも果たして行われるかどうか、という状況でもありましたが3月にはツアー開催を発表。その後4月には新しいアルバムの告知やアーティスト写真も発表されて、新しい体制に移行し始めています。チケットを購入した1月時点では予想もつかない形になりましたが、どんなステージになったでしょうか。早速レビューしていきます。

エビクラシー(期間生産限定盤) - 私立恵比寿中学
エビクラシー(期間生産限定盤) - 私立恵比寿中学
私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中のオーシャンズガイド」(初回生産限定盤) [Blu-ray] -
私立恵比寿中学 クリスマス大学芸会2016「エビ中のオーシャンズガイド」(初回生産限定盤) [Blu-ray] -

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

2017.4.22 Negicco SPRING 2017 TOUR〜ライブハウスのネギ〜 in 味園ユニバース

 今年で結成15周年を迎えるNegicco。初めて彼女たちのステージを見てから今年で5年目になりますが、応援したいという気持ちは現在もどんどん高まっています。まだ4月ですが個人的に早くも今年3度目・4度目となるNegicco現場は「ライブハウスのネギ」。新潟・名古屋・大阪・東京の4都市を回るツアーですが、各会場とも趣向を凝らしてかなり雰囲気の違う内容になっています。今回はその中から、4月2日・名古屋Electric Lady Landと4月22日・大阪味園ユニバースに足を運ぶ形になりました。当記事では名古屋の様子も入れつつ、味園ユニバースのレポを中心に書いていきます。ではどうぞ。

ティー・フォー・スリー - Negicco
ティー・フォー・スリー - Negicco
愛、かましたいの(初回限定盤A)(2CD) - Negicco
愛、かましたいの(初回限定盤A)(2CD) - Negicco

続きを読む
posted by Kersee at 20:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

2017.3.20 SHISHAMO ワンマンツアー2017春「明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋」 in 神戸ワールド記念ホール

 先日アルバム『SHISHAMO 4』をリリースしたばかりのSHISHAMO。そのアルバムは早くも2017年1位確定かと言わんばかりの素晴らしい名盤でしたが(レビューはこちら)、それを引っさげたワンマンツアー「明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋」が3月から開催。ガイシ→ワールド記念→武道館の順番でアリーナ会場を回った後、ホールツアーを経て最後は地方のライブハウスツアーで締めるというスケジュールですが、その2公演目にあたる神戸・ワールド記念ホールのライブに足を運んできました。

SHISHAMO 4 - SHISHAMO
SHISHAMO 4 - SHISHAMO

SHISHAMO NO OSAKA-JOHALL!!! [Blu-ray] - SHISHAMO
SHISHAMO NO OSAKA-JOHALL!!! [Blu-ray] - SHISHAMO

SHISHAMO NO BUDOKAN!!! [Blu-ray] - SHISHAMO
SHISHAMO NO BUDOKAN!!! [Blu-ray] - SHISHAMO

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

2016.10.22 & 11.3 Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER DOME Edition」 in 京セラドーム・ナゴヤドーム

 4月6日に発売されたアルバム『COSMIC EXPLORER』、このアルバムを引っさげてツアーが始まったのは5月3日・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ。そこから静岡・福井・徳島・幕張・和歌山・北海道を周るアリーナツアー、さらにロサンゼルス・サンフランシスコ・シカゴ・ニューヨークの4都市を周る全米ツアーがここまで開催されました。そして追加公演として決まったのが大阪・名古屋・福岡を回るドームツアー。京セラドーム大阪での開催は3年ぶり、ナゴヤドームと福岡ヤフオクドームでは初開催となりました。この記事では、大阪1日目とナゴヤ1日目の様子を記載していく形になります。

COSMIC EXPLORER - Perfume
COSMIC EXPLORER - Perfume

続きを読む
posted by Kersee at 21:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

2016.8.21 SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL 『2006-2016』 in 泉大津フェニックス

 8月21日は、SCANDALにとって最も大きな意味を持つ1日になります。1つはメンバー4人が初めて出会った日。大阪のダンススクールで一同に会した2006年のこの日を結成記念日にしています。もう1つがドラム・RINAの誕生日。彼女は今年25歳を迎えます。そしてこの記念すべき10周年を今回、初の野外ワンマンライブとして泉大津フェニックスでファンとともに祝う形になりました。
 RUSH BALLとOTODAMAで使われるのが恒例のこの会場は、ワンマンだと2年前のKANA-BOON以来になります。泉大津からシャトルバスで向かう形でしたが、開演前の昼はほぼ日陰のない灼熱の会場。今年は同日に行われたサマソニ大阪が普段にもまして過酷な状況だったようですが、泉大津駅周辺のキャパシティも含めて、もしここに移転するとしたら余計環境が厳しくなることは間違いなさそうでした。
 KANA-BOONもそうですが、関西・大阪で結成されたアーティストとしてこの会場は非常に大きな意味を持ちます。SCANDALのライブは個人的にここ最近、年一回は必ず足を運ぶ形になっていますが、これまでにないほど素晴らしい内容になりました。ではその様子を早速どうぞ。

SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」 [Blu-ray] - SCANDAL
SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」 [Blu-ray] - SCANDAL

SCANDAL “Documentary film 「HELLO WORLD」" [Blu-ray] - SCANDAL
SCANDAL “Documentary film 「HELLO WORLD」" [Blu-ray] - SCANDAL

続きを読む
posted by Kersee at 16:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

2016.8.11 大阪☆春夏秋冬 東阪ワンマンライブ「BEAT〜鼓動〜 IN OSAKA」 in なんばHatch

 TOKYO IDOL FESTIVALは先日終わったばかりですが、かと言ってアイドルのワンマンがこの時期に組まれていないわけではありません。むしろTIF直後だからこそ大きなワンマンを入れることが、ここ最近は多くなっています。昨年のTIFで一躍大注目を浴びた大阪☆春夏秋冬は、早くも今年のTIFでHOT STAGEに抜擢。それも初日1番手です。そんな彼女たちが8月になんばHatchとZepp Tokyoでワンマンライブ開催、早速行ってきました。なおレポにはZepp Tokyoへ向けてのネタバレが入る可能性あるので、そちらに足を運ぶ人は事前に読まない方が良いかもしれません。

「ハチハチ」LIVE!! (初回限定盤) (DVD付) - 大阪☆春夏秋冬
「ハチハチ」LIVE!! (初回限定盤) (DVD付) - 大阪☆春夏秋冬

続きを読む
posted by Kersee at 16:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

2016.7.30 Negicco 13th Anniversary「Road of Negiiiiii 〜TADAIMA〜 2016 Summer」 in NHKホール

 2003年7月20日に新潟で結成されたNegicco、今年で活動14年目に突入します。彼女たちが初めて全国ネットのテレビに出演したのが2004年9月10日のポップジャム。NHKホールの公開収録、当時はMikuも含めた4人組でした。「恋するねぎっ娘」を歌った彼女たち、その時彼女たちは「売れる!」と思ったのだそうです。ところがそれから紆余曲折、所属していたタレント養成スクールが廃校してなんとか事務所移籍するも新曲を出すのに事欠く状況。Mikuが卒業し、新たにMisakiが加入するも1年半で卒業…詳しくはこのNAVERのまとめを見てください。それくらいに厳しい状況が続いていた彼女たちに光が射し始めたのはつい数年前のこと。「光のシュプール」でついに後継番組・Music JapanでNHKホールに戻ったのが2015年2月22日。実に10年5ヶ月ぶりのカムバックでした。時の司会が、広島から一足先に大ブレイクを果たしたPerfumeであったことも、ドラマチックな展開により拍車をかけていました。
 8月30日の「ねぇ バーディア」での出演に続いて、NHKホールに立つ形になった今回のワンマンライブ。キャパシティは約3600、昨年の新潟県民会館(1700)や日比谷野外大音楽堂(3000)よりもさらに上。Negicco史上最大規模のワンマンライブになりました。その様子を早速レポしていきます。なお今回のレポは今まで以上に書くことが多いので、はっきり言ってとんでもない長文になっています。もしかすると読みにくいと感じる部分もあるかもしれませんが、その点ご容赦ください。

 ちなみに私が初めて彼女たちを見たのは2013年のTOKYO IDOL FESTIVAL。「アイドルばかり聴かないで」がリリースされた直後、完全なる初見で見た時の感想は”3人とも天然気味でツッコミがいない””変わった歌詞””思いのほかベテラン””上品で落ち着きがあり妙に気品がある””曲は案外スタイリッシュ”といったところでしょうか。正直ここまで好きになるとは想像していなかったです。この3年間、気がつけば結構な回数のステージを見ていますがあらためてリンク載せます。もし良ければそちらもどうぞ。

2013.7.27 TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 HOT STAGE
2013.11.23 インストアイベント(タワーレコード梅田NU茶屋町店)

2014.8.2 TOKYO IDOL FESTIVAL 2014 SMILE GARDEN
2014.8.3 TOKYO IDOL FESTIVAL 2014 HOT STAGE
2014.8.27 Negipecia「Girl's Life」発売記念インストアイベント(阪急西宮ガーデンズ)

2015.4.5 1stツアー「Never Give Up Girls!!!&Rice&Snow」(KYOTO MUSE)
2015.5.5 1stツアー「Never Give Up Girls!!!&Rice&Snow」(新潟県民会館大ホール)
2015.8.1 TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 HOT STAGE
2015.8.2 TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 SMILE GARDEN
2015.8.8 インストアイベント(タワーレコード梅田NU茶屋町店)
2015.8.29 音楽と髭達2015(HARD OFF ECOスタジアム新潟)
2015.9.22 Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「Perfume FES!! 2015〜三人祭〜」(日本武道館)
2015.11.28 Negiccoと、ツーマンにくりだそうツアー(神戸VARIT./カルメラと競演)

2016.3.21 2nd Tour「The Music Band of Negicco」(umeda AKASO)

ティー・フォー・スリー - Negicco
ティー・フォー・スリー - Negicco

ティー・フォー・スリー(12inch) [Analog] - Negicco
ティー・フォー・スリー(12inch) [Analog] - Negicco

続きを読む
posted by Kersee at 18:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする