2016年07月30日

2016.7.30 Negicco 13th Anniversary「Road of Negiiiiii 〜TADAIMA〜 2016 Summer」 in NHKホール

 2003年7月20日に新潟で結成されたNegicco、今年で活動14年目に突入します。彼女たちが初めて全国ネットのテレビに出演したのが2004年9月10日のポップジャム。NHKホールの公開収録、当時はMikuも含めた4人組でした。「恋するねぎっ娘」を歌った彼女たち、その時彼女たちは「売れる!」と思ったのだそうです。ところがそれから紆余曲折、所属していたタレント養成スクールが廃校してなんとか事務所移籍するも新曲を出すのに事欠く状況。Mikuが卒業し、新たにMisakiが加入するも1年半で卒業…詳しくはこのNAVERのまとめを見てください。それくらいに厳しい状況が続いていた彼女たちに光が射し始めたのはつい数年前のこと。「光のシュプール」でついに後継番組・Music JapanでNHKホールに戻ったのが2015年2月22日。実に10年5ヶ月ぶりのカムバックでした。時の司会が、広島から一足先に大ブレイクを果たしたPerfumeであったことも、ドラマチックな展開により拍車をかけていました。
 8月30日の「ねぇ バーディア」での出演に続いて、NHKホールに立つ形になった今回のワンマンライブ。キャパシティは約3600、昨年の新潟県民会館(1700)や日比谷野外大音楽堂(3000)よりもさらに上。Negicco史上最大規模のワンマンライブになりました。その様子を早速レポしていきます。なお今回のレポは今まで以上に書くことが多いので、はっきり言ってとんでもない長文になっています。もしかすると読みにくいと感じる部分もあるかもしれませんが、その点ご容赦ください。

 ちなみに私が初めて彼女たちを見たのは2013年のTOKYO IDOL FESTIVAL。「アイドルばかり聴かないで」がリリースされた直後、完全なる初見で見た時の感想は”3人とも天然気味でツッコミがいない””変わった歌詞””思いのほかベテラン””上品で落ち着きがあり妙に気品がある””曲は案外スタイリッシュ”といったところでしょうか。正直ここまで好きになるとは想像していなかったです。この3年間、気がつけば結構な回数のステージを見ていますがあらためてリンク載せます。もし良ければそちらもどうぞ。

2013.7.27 TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 HOT STAGE
2013.11.23 インストアイベント(タワーレコード梅田NU茶屋町店)

2014.8.2 TOKYO IDOL FESTIVAL 2014 SMILE GARDEN
2014.8.3 TOKYO IDOL FESTIVAL 2014 HOT STAGE
2014.8.27 Negipecia「Girl's Life」発売記念インストアイベント(阪急西宮ガーデンズ)

2015.4.5 1stツアー「Never Give Up Girls!!!&Rice&Snow」(KYOTO MUSE)
2015.5.5 1stツアー「Never Give Up Girls!!!&Rice&Snow」(新潟県民会館大ホール)
2015.8.1 TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 HOT STAGE
2015.8.2 TOKYO IDOL FESTIVAL 2015 SMILE GARDEN
2015.8.8 インストアイベント(タワーレコード梅田NU茶屋町店)
2015.8.29 音楽と髭達2015(HARD OFF ECOスタジアム新潟)
2015.9.22 Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「Perfume FES!! 2015〜三人祭〜」(日本武道館)
2015.11.28 Negiccoと、ツーマンにくりだそうツアー(神戸VARIT./カルメラと競演)

2016.3.21 2nd Tour「The Music Band of Negicco」(umeda AKASO)

ティー・フォー・スリー - Negicco
ティー・フォー・スリー - Negicco

ティー・フォー・スリー(12inch) [Analog] - Negicco
ティー・フォー・スリー(12inch) [Analog] - Negicco

続きを読む
posted by Kersee at 18:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

2016.7.16 「シンデレラじゃいられない」初披露! ベイビーレイズJAPAN緊急スペシャルライブ in あべのキューズモール

 7月9日にフランス・パリで行われたJAPAN EXPOで海外初ライブとなったベイビーレイズJAPAN。デビュー以来着実に力をつけている彼女たちですが、ここ最近はTwitter等でも話題になることが増えてきました。そんな中ついに9月21日、『自虎紹介』以来となる2年ぶり2ndアルバムの発売が決定。10日に帰ったばかりですが休むことなくラジオ出演に渋谷でのフェス出演、そして急に決まった7月16日のフリーライブ。それも13時からラゾーナ川崎、19時からあべのキューズモールというハードスケジュール。この最たる目的はアルバム収録となる新曲をいち早く初披露すること。というわけであべのキューズモールで行われたステージの様子を早速レポしていきます。

(仮)2ndアルバム(初回限定盤A)(DVD付) - ベイビーレイズJAPAN
(仮)2ndアルバム(初回限定盤A)(DVD付) - ベイビーレイズJAPAN
(仮)2ndアルバム(初回限定盤B) - ベイビーレイズJAPAN
(仮)2ndアルバム(初回限定盤B) - ベイビーレイズJAPAN
ベイビーレイズJAPAN電撃の雷舞!2015~史上最"熱"!ちょっと遅めのクリスマス大作戦~ [Blu-ray] -
ベイビーレイズJAPAN電撃の雷舞!2015~史上最"熱"!ちょっと遅めのクリスマス大作戦~ [Blu-ray] -

続きを読む
posted by Kersee at 19:20| Comment(0) | フリーライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

2016.5.29 & 6.26 Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」 in サンドーム福井・和歌山ビッグホエール

 今年4月に6枚目のオリジナルアルバム『COSMIC EXPLORER』が発売されたPerfume。それを受けてのアリーナツアーが5月3日の宮城セキスイハイムスーパーアリーナを皮切りに、計7箇所で開催。今回は初めてツアーで回る地域もあるようで、これまでとスケジュールがかなり異なります。その中で今回はサンドーム福井2日目・和歌山ビッグホエール2日目の公演に足を運びました。フェスを含めるともう20回以上彼女たちのステージを見ている形になりますが、行くたびに進化していると感じさせます。今回もそうでした。

 2箇所とも個人的に初めて訪れる会場になるので軽く説明します。サンドーム福井は1995年に開場した施設で、北陸地方では石川県産業展示館4号館とともに、数少ないアリーナ級の会場になります。最寄駅はJR鯖江駅から徒歩15分、福井鉄道サンドーム西駅からも同様。はっきり申し上げると鉄道ではなく車の方が圧倒的に便利なアクセスです。全体的に意匠を凝らした建物で音も大変優れていますが、鉄道移動だとかなりネックになる会場でもあります。行きはともかく、日帰りで関西に帰るには結構な体力を要しました。決して大きくない鯖江駅に停まる列車も普通が30分に1本(2両〜4両)・特急が1時間に1本だと、帰りの大人数を捌くにはやはり大変です。
 和歌山ビッグホエールはJR和歌山駅から比較的近い距離で、その点では便利ですが大阪神戸と比べるとどうしても地理的に不利な面があります。関西在住ですが訪れる機会はこれまでありませんでした。それもそのはず、ワンマンで使われるのは2014年の小田和正以来2年ぶり。以前はコブクロがここでの年1回公演を恒例にしていましたが、やっぱり他はどうしても大阪城ホール・神戸ワールド記念ホールの方に行ってしまいます。会場もその2つと比べると若干小さかったでしょうか。その分こちらも音は優れていました。ちなみに1997年落成時にはクジラのごとく水が吹き上がる機能も施されましたが、近隣住民の苦情によって現在使用は控えられているそうです。

 今回は福井がアリーナ後方、和歌山がスタンド前列での観戦になっています。なおネタバレ禁止がこれまで以上に徹底していて、公開は11月12日・ヤフオクドームでの追加公演まで待って頂く形になりました。その点ご了承ください。

COSMIC EXPLORER - Perfume
COSMIC EXPLORER - Perfume

続きを読む
posted by Kersee at 16:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

2016.6.25 私立恵比寿中学JapanホールKeikiiiiツアー2016〜the snack bar in gakugeeeekai〜 in 神戸国際会館こくさいホール

 私立恵比寿中学は今年でメジャーデビュー5年目を迎えます。4月にはメジャー3rdアルバム『穴空』も発売されましたが、売上・内容ともに高い評価を得ています。4月に始まった今回の全国ホールツアーは来週東京国際フォーラムAでファイナルを迎えますが、その一つ前となった神戸国際会館こくさいホール公演に行ってきました。神戸は2014年11月にワールド記念ホールでワンマン開催の実績がありますが、このホールでの公演は初となります。また個人的には2013年9月のZepp Namba公演以来のエビ中学芸会なのでかなり久々、その間にメンバーも変わっています。現メンバーでの学芸会を見るのは今回が初となります。では早速レポしていくことにしましょう。

私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2015「エビ中のオールアトラクスター」 [Blu-ray] - 私立恵比寿中学
私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2015「エビ中のオールアトラクスター」 [Blu-ray] - 私立恵比寿中学

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

2016.5.7 COMIN' KOBE '16(神戸ワールド記念ホール・神戸国際展示場)

 関西のロックキッズの風物詩となっているCOMIN' KOBE。チャリティー目的とした日本最大級の無料ロックフェスティバルで、関西のみならず全国から多くの人が集まる一大イベントになっています。GOING KOBEとして初開催されたのが2005年、回を重ねて今年でもう12回目。前回も近隣の大学が募集停止になった結果あらためて国際展示場を借りることになり、クラウドファンティングという形で資金を募った結果なんとか開催できたという形。一旦の危機は乗り越えたと思いきや、今年はなんと実行委員長の松原裕がステージ4の癌を患っていることが発覚。なんとか今年は無事開催という運びになりましたが、来年以降に関しては本当になんとも言えない状況になっています。

 2009年以来、足を運んでない年は2度ありますが通算では6度目の参戦。初めて行った時の記憶がだんだん薄れてきていますが、あの時はGOINGKOBEというタイトル。カミコベという名前になったのは翌年以降のことでした。当時は10時半開場で11時到着、リストバンド交換で並んだ記憶は全くありません。勿論それなりに人はいましたがワールド記念ホールで並ぶこともなく、順調なものでした。2010年も10時頃到着で10時半からのオープニングアクトのステージをすんなり見られる程度。2011年は途中参加・途中帰宅。この時点でワールド記念ホール1時間待ちという制限が。そして翌年開演に合わせて足を運んだ際には10時到着だと2駅分の列の長さ、2時間待ちが当たり前という状況になりました。この長い列は現在でも変わっていないか、あるいは更に長くなっているのかもしれません。昨年は8時45分到着時点で2駅分の列&10時45分入り、今年は8時半到着時点で1駅分の列&10時15分入り。このリストバンド交換列はNAVERまとめにもしっかりピックアップされています。各地で季節問わずロックフェスが開催されていますが、この列の長さはおそらくトップクラスではないかと思うわけですが。

 さて、今回見たアーティストは以下の通りです。前回出演したうち岡崎体育、打首獄門同好会、水曜日のカンパネラ、ぱいぱいでか美辺りはこの1年間で大きく知名度がアップしましたが、果たして今年はどうなるのでしょうか。

Solaris Clock(KissFM Stage・国際展示場2号館)
POT(BASS ON TOP Stage・国際展示場2号館)
打首獄門同好会(KissFM Stage・国際展示場2号館)
ミソッカス(KissFM Stage・国際展示場2号館)
ひめキュンフルーツ缶(ビジュアルノーツ「L」Stage・国際展示場3号館)
岡崎体育(ビジュアルノーツ「L」Stage・国際展示場3号館)
BRADIO(ESP RED Stage・国際展示場1号館)
KEYTALK(World ROKKO Stage・ワールド記念ホール)
Dizzy Sunfist(BASS ON TOP Stage・国際展示場2号館)
tacica(KissFM Stage・国際展示場2号館)
あゆみくりかまき(BASS ON TOP Stage・国際展示場2号館)
ワタナベフラワー(World MAYA Stage・ワールド記念ホール)
ガガガSP(World ROKKO Stage・ワールド記念ホール)


続きを読む
posted by Kersee at 10:30| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

2016.5.6 藍井エイル全国ツアー「Eir Aoi LIVE TOUR 2016 ”D'AZUR-EST”」 in 神戸VARIT.

 2014年のAUBE TOUR以来、気がつけばツアーごとに足を運ぶ形になっている藍井エイルのライブ。今回ワンマン参戦5回目になります。昨年11月に日本武道館単独公演を果たしましたが、6月にリリースされたアルバム『D'AZUR』ツアーはまだやっていません。というわけで今回はこのアルバムメインのライブハウスツアー。以前と比べて格段に回る会場が多くなりましたが、各会場のキャパは関西の場合いつも以上に小さめ。今回は初めてとなる神戸、神戸VARIT.公演の内容をレポしていきます。なおKYOTO MUSE、BIG CATに足を運ぶ人はネタバレになるので、5月11日以降に見ることをお薦めします。では早速どうぞ。

D'AZUR(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 藍井エイル
D'AZUR(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) - 藍井エイル
続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

2016.4.16 ベイビーレイズJAPAN LIVE TOUR 2016 -ROAD TO EMOTIONAL IDOROCK FES. w/大阪☆春夏秋冬 in 神戸VARIT.

 ベイビーレイズJAPANのワンマンを見に初めて神戸VARIT.に足を運んだのは昨年の5月のこと。TIFで初めてベビレを見たのは2013年ですが、昨年から飛躍的に彼女たちのステージを見る機会が増えています。2012年結成で、今年で5年目。デビュー当時からパフォーマンスと楽曲は高い評判を得ていましたが、今となっては少し懐かしくなりつつあります。
 今回の彼女たちのツアー、神戸は同日2回開催という形になりますが1回目のライブは大阪☆春夏秋冬との対バン形式になりました。平城遷都1300年祭で結成された万葉シャオニャンというグループが前身だそうで、そこからメンバーの入れ替え等あって現在の名前になったということらしいです。CDの発売は2014年「DAWN OF MY LIFETIME」の会場限定版が最初なんだとか。その名前が一気に知れ渡ったのが2015年のTOKYO IDOL FESTIVAL。私も評判を聞きつけて予定を変更して初めてステージを見ましたが、はっきり言って衝撃を受けました。いずれはまた違う形で見ておきたいと思いながらなかなか機会が巡って来なかったですが、今回見るには絶好のチャンス。足を運ぶ形になりました。ではどうぞ。

「ベイビーレイズJAPAN SUMMER LIVE 2015」(2015.09.12&09.13 at Zepp DiverCity) [Blu-ray] -
「ベイビーレイズJAPAN SUMMER LIVE 2015」(2015.09.12&09.13 at Zepp DiverCity) [Blu-ray] -

「ハチハチ」LIVE!! (初回限定盤) (DVD付) - 大阪☆春夏秋冬
「ハチハチ」LIVE!! (初回限定盤) (DVD付) - 大阪☆春夏秋冬

続きを読む
posted by Kersee at 13:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

2016.3.27 LIVE SDD 2016 in 大阪城ホール

 "Stop! Drunk! Driving!"を合言葉に毎年大阪城ホールで開催される飲酒運転撲滅ライブ・LIVE SDD。今回で9回目を迎えるイベントになります。毎回たくさんの観客応募があるようで、今回は11000人のキャパに対して12万の応募があったようです。複数回応募可能なのであくまで”のべ”という形だとは思いますが、それでも結構な倍率です。チケット代はドネーション募金の2000円のみなので、その安さも大きな魅力としてありそうです。試しに応募したところ意外にあっさり当選したので、今回初めてSDDメッセンジャーとして参加する形になりました。出演者は以下の通りです。

・NAUGHTY BOYS(Opening Act)
・和楽器バンド
・Silent Siren
・西内まりや
・加治ひとみ
・家入レオ
・MINMI
・STARDUST REVUE岸谷 香
・EXILE SHOKICHI
・ファンキー加藤
・TRF
・ゆず

続きを読む
posted by Kersee at 15:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

2016.3.21 Negicco Second Tour『The Music Band of Negicco』 in umeda AKASO

 一年の計はNegiccoにあり、となるとちょっと大げさかもしれませんが今年の当ブログのライブレポはNegiccoのセカンドツアーから書き始めたいと思います。サトウ食品の鏡餅のコマーシャルは既に全国的にお馴染みになっているので、間違ってはいないはずです。おそらく。

 今回のツアーはNEGiBANDと名付けられたバンドメンバーが帯同しています。昨年の日比谷野音ワンマンから今回も参加するのはオオニシユウスケ(G)、鹿島達也(B)、mabanua(Dr)、真藤敬利(Key/Standard Prototype)、小林岳五郎(Key)の5名。というわけで3月21日のumeda AKASO公演の様子、早速どうぞ。

日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer [DVD] -
日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer [DVD] -

続きを読む
posted by Kersee at 18:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

2015.11.28 Negiccoと、ツーマンにくりだそうツアー in 神戸VARIT.

 早いもので今年も11月末を迎えました。全国ツアー後半日程と新潟県民会館での初ライブが決まったのが今年の1月、その県民会館でのライブが5月。7月にはNEGI FESがあり日比谷野音でのワンマンが8月。9月には武道館で三人祭もありました。怒涛の勢いで2015年を駆け抜けたNegicco、今年はリリイベを含めてここまで6度見ていますが7度目の今回はエンタメジャズバンド・カルメラとの対バンステージになります。今回のツーマンツアーは他にSchroeder-Headz、BRADIO、the band apart、トミタ栞と共演するというかなり幅広いラインナップ。神戸VARIT.で開催されたカルメラとの競演、早速レポしていきます。

日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer [DVD] -
日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer [DVD] -
千日前 HIGH COLORS (通常盤) - カルメラ
千日前 HIGH COLORS (通常盤) - カルメラ
続きを読む
posted by Kersee at 17:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする