2018年01月21日

2018.1.21 PASSPO☆ 歌って踊って奏でるツアー 2017→2018 in 神戸VARIT.

 2009年結成なので、いよいよ今年10年目を迎える“空と旅”をテーマに据えた日本の女性7人組ガールズロックユニット・PASSPO☆。個人的にも初めて見た2013年TOKYO IDOL FESTIVAL以来、ワンマンは2014年から3年間空きましたがTIFを含めると6年連続見る形になっています。言うまでもなく彼女たちは本来ダンス主体のパフォーマンスですが、2014年の「Perfect Sky」以来バンドスタイルでも活動を始めています。今回2017年11月からの「歌って踊って奏でるツアー」は、通算2度目となるバンド形式とダンス形式両方を2部で披露するという内容。BAND PASSPO☆のステージは初見、ダンスステージは過去に何度も見ていますがバンドとの比較もしたかったので両方参加。そういえばPASSPO☆に限らず2回公演の両方に足を運ぶのは今回が初となる。BAND PASSPO☆のステージとダンス形式のPASSPO☆のステージ、当記事では両方書いていきます。ではどうぞ。

Cinema Trip 【Type-A】 - PASSPO☆
Cinema Trip 【Type-A】 - PASSPO☆

すてんだっぷガールズ! ~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~ (Type-B) - PASSPO☆
すてんだっぷガールズ! ~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~ (Type-B) - PASSPO☆

続きを読む
posted by Kersee at 13:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

2018.1.3 私立恵比寿中学迎春大学芸会〜forever aiai〜 in 日本武道館

 2018年あけましておめでとうございます。今年も見に行ったライブは全て当ブログでレビューしていく予定にしていきます。よろしくお願いします。

 さて昨年の1月3日は大宮ソニックシティに、Negiccoと私立恵比寿中学のジョイントライブを見に行きました。それはあまりにも多幸感溢れる素晴らしいコンサート。既にNegiccoファンではありましたが、同時にエビ中ファミリーとしてこの時にファンクラブにも入会。あれから1年。当然ではあるのですが今日のエビ中の姿は1年前の今頃には全く想像がつかないもの。ですが、美怜ちゃんが目標に掲げていた「日本で一番有名な中学生になって、歴史に名を残す」という言葉に嘘偽りは全くなかったような気がしています。この一年におけるメンバーの成長は、間違いなくめざましいものがありました。

 同じ1月3日、日本武道館で開催される大学芸会のサブタイトルはforever aiai。すなわち、出席番号6番・廣田あいかが私立恵比寿中学としてラストになる日。8月31日にその発表があった際は驚きましたが、同時にどこか頷ける部分・納得できる部分が多かったのも事実。その独特の声はテレビ番組に出演した際必ずネタになっていましたが、本当はグループで一番のしっかり者。私自身、エビ中のメンバーで一番最初に認識したのはタモリ倶楽部の鉄道企画でガチヲタっぷりを披露していた彼女でしたし、ミラクルボイスと呼ばれる歌声も含めて一番の推しでもありました。そんなぁぃぁぃのラストライブ、選択肢としては当然行くしかありません。というわけで2017年の総括や紅白ブログも完全ではない中、足を運んできました。では早速、どうぞ。

【Amazon.co.jp限定】エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017(初回生産限定盤) [Blu-ray](B3ポスター付) - 私立恵比寿中学
【Amazon.co.jp限定】エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017(初回生産限定盤) [Blu-ray](B3ポスター付) - 私立恵比寿中学

【Amazon.co.jp限定】EVERYTHING POINT 5(Blu-ray Disc)(私立恵比寿中学オリジナル生写真付) -
【Amazon.co.jp限定】EVERYTHING POINT 5(Blu-ray Disc)(私立恵比寿中学オリジナル生写真付) -

続きを読む
posted by Kersee at 17:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

2017.12.28 FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2017 in インテックス大阪

 関西ではCOUNTDOWN JAPAN同様、年末恒例となるロックフェスが今年もやってきました。実は2008年までCOUNTDOWN JAPAN-WEST-として幕張と同時期に開催されていましたが、ロッキン社が手を引いてしまいまして。その次の年からFM802主催で毎年開催されていますが、年々規模を拡大させていてチケットが取りにくくなっています。昨年までは転売が多々見られて、本当に行きたい人がチケットを取れないもしくは定価以上の値段を払わざるを得なくなる事例が多数発生していましたが、今年は全面スマホチケット認証形式になって不正が起きにくくなりました。そのせいかどうか分かりませんが、3年前と比べるとチケットは比較的取りやすかったです。その2014年以来、個人的には3年ぶり通算4回目となるRADIO CRAZY。1日目のみですが、見たステージをレビューしていきます。

ヤバいTシャツ屋さん(R-STAGE 4号館)
B'z(Z-STAGE 6号館)
エレファントカシマシ(Z-STAGE 6号館)
SHISHAMO(Z-STAGE 6号館)
SCANDAL(R-STAGE 4号館)
MAN WITH A MISSION(Z-STAGE 6号館)
yonige(LIVE HOUSE Antenna 5号館)

続きを読む
posted by Kersee at 11:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

2017.12.9 ベッド・イン セカンド・アルバム『TOKYO』発売記念インストアイベント in ディスクピア日本橋店TVゲーム館2Fイベントフロア

 日本に再びバブルの嵐を起こすべく、音楽シーンに殴り込みをかけた地下セクシーアイドルユニット・ベッド・イン。ジュリアナ扇にボディコンを身に着けて、やまだかつてないスケールで一世を風靡しつつあります。強烈なキャラクターは昨年以前から噂には聞いていましたが、今年6月のYATSUI FESTIVAL!に足を運んでみるとただのイロモノでは全くないカッコ良いパフォーマンス。12月6日にメジャー2ndアルバム『TOKYO』が発売、それに合わせてミニライブつきのイベントが開催されるということで足を運んでみました。その様子をどうぞ。なお会場は動画撮影禁止ですが写真は特典会以外OKということだったので、その様子もアップしています。

TOKYO - ベッド・イン
TOKYO - ベッド・イン

RICH - ベッド・イン
RICH - ベッド・イン

続きを読む
posted by Kersee at 14:00| Comment(0) | フリーライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

2017.11.18 SHISHAMOワンマンツアー2017秋「奇跡なんて起きないと言ったあの娘も、いつか誰かととびきりロマンチックな恋をする」 in Zepp Osaka Bayside

 SHISHAMOは春ツアーだけでなく秋ツアーも毎年恒例となっています。この2年はZepp規模の会場を周る形になっています。今春は神戸のワールド記念ホール、2年前は大阪城野音で彼女たちのステージを見ましたが、秋にZeppで見るのは今回が初めて。初めてといえば、今回の会場はZepp Osaka Bayside。今年2月に出来たばかりのライブハウスはZeppクラスでも一番大きなハコで、2800近いキャパは府内で一番大きいホールと同等もしくはそれ以上の規模。個人的には例年になく大阪のライブハウス初来場が多くなった年ですが、ここにもようやく行くことが出来ました。そして何より、11月16日に行われた記者会見以降初めて行われるライブが今日のステージ。こういったタイミングでワンマンライブに出くわすのは当然初めてで、今後もそうそうないものと思われます。チケットを購入した8月には、今日まさにその日になるとは想像していなかったですが…。早速レポしていきます。

SHISHAMO 4 NO SPECIAL BOX(Blu-ray付) - SHISHAMO
SHISHAMO 4 NO SPECIAL BOX(Blu-ray付) - SHISHAMO

明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋[Blu-ray] -
明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋[Blu-ray] -

ほら、笑ってる - SHISHAMO
ほら、笑ってる - SHISHAMO

続きを読む
posted by Kersee at 18:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

2017.11.4 KOYABU SONIC 2017 2日目 in インテックス大阪

 今年は3月に学天即・奥田修二主催のアイドルイベント、6月にエレキコミック・やついいちろう主催のYATSUI FESTIVAL!といった具合で芸人主催のフェスに行く機会が出てきています。そこで満を持したかのように?2014年で一旦ファイナルを迎えた小藪千豊主催のKOYABU SONICが3年ぶりに復活。以前から思いもよらぬ豪華出演アーティストが話題になっていて、興味のある音楽フェスでしたがこれまでなかなか行く機会に恵まれず。そこで今回の開催、3日間のうち2日目のみではありますが足を運ぶことにしました。やついフェスやイナズマロックフェスなど、芸人が出演する音楽フェスは他にもありますが、その最初は2008年に第1回が開催されたKOYABU SONICではないかと思います。2日目に出演したアーティストは以下の通り、”おススメの人ばかり集めた”というラインナップは実力派が勢揃い。

空きっ腹に酒
tricot
フジファブリック
チャットモンチー
ホフディラン
レキシ
ゲスの極み乙女。
ハナレグミ
サニーデイ・サービス
吉本新喜劇ィズ

続きを読む
posted by Kersee at 11:00| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

2017.10.29 Negicco Autumn 2017 Tour〜ネギの産地でこんにちネギネギ2〜 in 磔磔

 今年はNegiccoと私立恵比寿中学を中心にスケジュールを組むという予定を、1月3日のエビネギの時点で立てたわけですが、振り返るとまさにその通りになっていまして。今年のNegiccoはエビネギに始まり、NGK春ツアー2つやついネギフェス2日間といった具合でここまで7公演見てきました。今回は昨年にも行われたネギの産地ツアーということで、京都は磔磔というライブハウスに足を運んだ形になります。昨年は一番西端が浜松という具合で、残念ながら行くことは出来なかったのですが今年は京都・広島でも開催されています。同じアーティストを1年で8公演も見るのは、ドームツアー4公演全参した2013年のPerfume以来のこと(同じ年につま恋2日間・サマソニ・U-EXPRESSがありました)。それでもTwitterでフォローさせて頂いているファンの方はリリイベ含めて明らかに10は軽く超えているようで、個人的には感覚が麻痺しつつあるのですが。というわけで秋ツアー京都公演の様子を早速レポしていきます。ネタバレありますが各会場セトリ演出も違うみたいなので、運営としては問題ないようです。ではどうぞ。

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc] - Negicco
Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc] - Negicco

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 - Negicco
Negicco 2011~2017 -BEST- 2 - Negicco

続きを読む
posted by Kersee at 17:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

2017.10.27 ベイビーレイズJAPAN THE BRJ LIVE〜西日本一斉拳挙〜 in 梅田CLUB QUATTRO

 早いもので今年9月にデビュー5周年を迎えたベイビーレイズJAPAN。今年は野外ワンマンライブ3連戦と称して、日比谷野外大音楽堂・稲毛海浜公園野外音楽堂・東武動物公園で大変熱いライブを繰り広げました。Youtubeの公式動画で見ても、その熱気は大変伝わるわけですが3会場はいずれも関東。遠征すれば済む話、と言いつつも関東以外の虎ガー(=ファン)にとってはなかなか足を運びにくいのも事実。ワンマンに関しては全てをこの3公演に充ててきたわけで(むろんリリイベやイベント出演もありますが)、気がつけば毎年見ているベビレも今年は見れないと思ったところでレコ発ライブが大阪で決定。9月20日にミニアルバム『THE BRJ』が発売されましたが、その発表があったのはリリース翌日。かなり急な発表でしたが、700近いキャパシティの梅田CLUB QUATTROは一般発売が8日前・公演日平日にも関わらず見事ソールドアウト(一応プレミアムフライデーではありましたが)。大阪でのワンマンは2年前の秋ツアー以来。人数的には同じ年に足を運んだZepp Nambaと大きく変わらないですが、会場の密度は当然こちらの方が上。熱気満点のライブの様子を、早速レポしていきます。どうぞ。

THE BRJ  初回盤 - ベイビーレイズJAPAN
THE BRJ 初回盤 - ベイビーレイズJAPAN

続きを読む
posted by Kersee at 19:00| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

2017.10.21 私立恵比寿中学オータムナインツアー2017〜エビ中ってなんか説明しづらいけど見とかなきゃ損なグループなんだって!〜in NHK大阪ホール

 昨年まで、2013年のZeppと2016年の神戸市民会館こくさいホールのワンマンにしか足を運んだことがなかった私立恵比寿中学。それが今年、1月3日のエビネギに始まって今日がもう6度目の学芸会(リリイベ含む)。初めて足を運んだ時はメンバーの顔と名前さえも一致していなかった状況でしたが、もはや慣れたものです。今回は10月7日から、三大都市圏を中心に全国9ヵ所やや中規模のホールで行われる秋の全国ツアー。その間に新シングル「シンガロン・シンガソン」の発売もあって、CDを会場で先行予約した人を対象に抽選会も行われていました。同日発売に嵐がいるので1位は無理そうですが、何とか一つでも上の順位での初登場と長い期間のヒットを目指して欲しいです。

 今回のツアー会場はNHK大阪ホール。足を運ぶのは藍井エイルのワンマン以来3年ぶりでかなり久々。グランキューブ大阪やオリックス劇場と比べるとキャパは少ないですが、音は確実に良い会場です。2日公演は当然ながらSOLD OUT、今回はそのうちの1日目の様子をレポしていきます。ではどうぞ。

【早期購入特典あり】シンガロン・シンガソン(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)(缶バッジ付) - 私立恵比寿中学
【早期購入特典あり】シンガロン・シンガソン(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)(缶バッジ付) - 私立恵比寿中学

シンガロン・シンガソン(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付) - 私立恵比寿中学
シンガロン・シンガソン(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付) - 私立恵比寿中学

続きを読む
posted by Kersee at 16:30| Comment(0) | ワンマンライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

2017.10.08 NEGiFES 2017 後昼祭 in 新潟北方文化博物館

 NEGiFES2017・2日目は後昼祭という形で行われました。前日もそうですが、主催アーティストであるNegiccoは挨拶から始まり、コラボステージや出店紹介など各所で登場します。今回のフェスは出店にかなり特徴があって、全て新潟に因んだものになっています。

IMG_20171007_102656[1].jpg
 まずはイタリアン。焼きそば風の太麺にトマトソースやカレーソース、ホワイトソースなどをトッピングした食べ物です。新潟万代バスセンターにある『みかづき』からの出店、気軽に食べられる味です。私はこの道中、会場で2回・バスセンターで1回・計3回食べました。
IMG_20171007_172106[1].jpg
 万代バスセンター1F・万代そばで売られているカレーです。大変庶民的で懐かしい味でした。
IMG_20171007_173819.jpg
 ぽっぽ焼。黒糖をメインにしたシンプルな味は、新潟県民のソウルフードなのだそうです。
IMG_20171007_142929.jpg
 麻婆麺。いわゆる中華料理の麻婆とラーメンのコラボ。新潟はラーメン処でもあるようです。限定で海老寿久坦々麺・豆乳坦々麺も発売されましたが、こちらは残念ながら体験できず。
IMG_20171007_105425.jpg
 かえぽが通う新潟薬科大学・スイーツラボが作ったネギ氷。ネギをイメージした色はキウィとヨーグルト風味。シロップの味以上に、頭がキーンとならないフワフワな食感が素晴らしかったです。

 両日とも1組目のパフォーマンス後に、それぞれの店の代表がステージで各商品をアピールしていました。さながらお昼の情報番組みたいな感もあったでしょうか。だからと言うわけではないのですが、今回2日間で7食食べた形(飲み物除く)。個人的に基本フェスでフードはあまり楽しまないタイプなので、かなり異例です。そういえば2年前に足を運んだ音楽と髭達は、全くタイムスケジュールに合間がなかったので結果現地で何も食べなかった記憶が…。
 さて、2日目のアーティストはいずれも知名度は高くないですが実力派。面白い顔ぶれが揃っています。
CHAI
Homecomings
THE Miceteeth
Negicco

続きを読む
posted by Kersee at 11:30| Comment(0) | 音楽フェスティバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする